07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“しあわせをよぶコブタちゃん~”

昨日、友達とぶらりと・・・・・・。

気分転換?!(^^;)

こんな物に目が止まりました。
それは

IMG_6788.jpg


つい、お金ないのに(^^;)引き寄せられちゃったわ~~~。

         
     『マイアリーノ!』  ~しあわせをよぶコブタちゃん~


がたんごとん、がたんごとん・・・

ブタさんを いっぱいつんだトラックが はしっていきました。
なかに いっぴきだけ まだちいさなコブタがまぎれていました。
おかあさんブタといっしょに。

うすぐらいなか、みんなとてもふあんでした。

おかあさんブタは これからおこることを よかんして
なんとしても コブタをまもらなければ、とおもいました。

がたんごとん、がたんごとん・・・

ブヒッ❣

こうさてんで トラックがとまったそのときでした。
おかあさんブタは コブタをトラックからつきおとしました。

『おまえだけでもたすかっておくれ! いきておくれ!』

コブタは なにがおきたのかわからずに ただ びっくりして
みちにころがりおちました。

それをちょうど ひとりのおんなのこが みていたのでした。

おんなのこは コブタをだきあげました。
『かわいそうなコブタちゃん。わたしといっしょにいきましょう。』

コブタをだきしめると おんなのこは かなしいような
うれしいような ふしぎなきもちになりました。

おんなのこには コブタの、コブタには おんなのこの
あたたかいぬくもりが つたわりました。

ところが、コブタをつれていえにかえると
おとうさんに おこられてしまいました。
『うちは ブタなんかかえないぞ。おばあちゃんのおうちにあずけなさい!』と。

おんなのこは なきながら コブタをつれて おばあちゃんのおうちにむかいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おばあちゃんは コブタをだいかんげいしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中省略)

おばあちゃんはいいました。
『そうだ!このこのなまえは “マイアリーノ”にしましょう。しあわせのコブタといういみなんだよ。』

そして こぶたは おもいました。
“ぼくはマイアリーノ! しあわせのこぶたなんだ!”

マイアリーノというなまえをもらったコブタはおもいました。

“ママ、ママ・・・。
ママはぼくをすてたんじゃない。ぼくをたすけてくれたんだ。ぼくにいきてほしかったから。
そうだよね?!”

・・・・・・(中省略)

おばあちゃんは マイアリーノをとてもかわいがりました。
『あなたは ほんとうにしあわせの コブタちゃんね。』
とよくいうのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マイアリーノはしあわせでした。
それでも ときどき おかあさんがこいしくてたまりませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マイアリーノは おばあちゃんやおんなのこを かなしませないために
やねのうえで ひとりでなくのでした。
“ぼくは しあわせの コブタだもの。みんなをしあわせにするんだもの”

おんなのこは そんなマイアリーノを そっとみていました。


『マイアリーノ、あなたのおかげでわたしも おばあちゃんもとってもしあわせよ。
おれいに このおまもりのリボンをつけてあげる。あなたのママのみたいに あなたをまもってくれますように』

・・・・・・・・・・・・・・・・
“ママ・・・・。ぼくをまもってくれてありがとう。”

あるひ マイアリーノは また やねにのぼりました。
もう なくためではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

“そうだ! たびにでようかな。
ぼくは しあわせのコブタ!
しあわせを はこぶたびにでようかな。”

マイアリーノは あるきだしました。
おきにいりのえほんと ぺろぺろキャンディーだけをもって。
そして もちろん おまもりのリボンをしっぽにつけて。

おうちからは おばあちゃんとおんなのこが マイアリーノをさがすこえがします。

“おばあちゃん、おねえちゃん・・・・ごめんね。
やっぱり もどろうかな・・・。
ママ、ぼくはつよいこになったんだよ。
やっぱり、 たびにでようかな・・・。

“もどろうかな たびにでようかな
   もどろうかな たびにでようかな。”





天使・・・・読み聞かせをしていたら、大きな涙が・・・・。
『天使、大丈夫!コブタちゃんは沢山のしあわせをもらって、旅に出たんだよ!そして、大好きなお母さんに出会えましたとさ』

天使・・・・安心したように泣きやみました。

かわいそう!っと思ったんだって。
勝手にお話を作っちゃった(^^;)ごめんなさい。天使に免じて許して~~~(^^;)



この本を読んで、この“マイアリーノ”~しあわせをよぶコブタちゃん~ がなんだか天使のように思えました。
子供を思う親の思い。
そして、いろんな困難があるけど、沢山愛情を注がれて、がんばって生きてく姿。


そして、何よりも・・・・・・・・・・天使がいるだけで、“幸せ”って感じられるんです。
いろんな事が出来ない天使だけど、
天使がいることで安心出来る。

“ありがとう!”



そうそう!
先日、天使の『新年のめあて』を朗読した物をボイスレコーダーに録音して、クラスのみんなに聞いてもらったんですよ!
みんなの反応❣

A君・・・・『カッコいい~~~』
他の子供達・・・『すご~~~~い!』 と(^^)

天使は、始め、緊張していたみたいなんですが、笑顔で一緒に聞いていたそうで(^^)
家で、天使の感想を聞いてみると、
『うれしかった』と。


そして次の日。

普通クラスで、コミニュケーションスキルの時間。
気持ちを用紙に書いて・・・。
先生が
『感想を書いたのもを発表して下さい』
すると・・・・・・

天使  
自ら手を挙げたみたいなんですよ!!!!!!!!!
すっご~~~~い!!!!!!

自ら・・・・・・初めての事だったんです。
思わず・・・・・先生も
『はい、天使くん』と当てたら、

天使・・・・“あっ! 忘れてた! ぼくしゃべれないんだ!”
って思い出したかのように、何も言わなかったそうです。ちょっと照れ臭かったようで(^^;)
以前の天使だったら泣いていただろうな(^^;)
今回は・・・・泣いていないですよ(^^;)。

その後、周りの子供たちが、天使が書いた感想を変わりに発表してくれたようです。(^^;)

きっと、自分の声をみんなが聞いてくれて、褒められた!

それが、自信に繋がったのでしょうね。
ありがとう!
心の底からうれしい❣❣❣❣

先生、子供達ありがとう❣❣



忘れてた❣
『マイアリーノ』とは・・・・イタリアのフィレンツェでは
『幸運の子豚』として可愛がられているそうですよ❣

私も、このコブタちゃん、お守りにしよう❣っと(^^;)

スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。