11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝物

私の宝物を紹介します。勿論、1番は子供達
それは、昨年お姉ちゃんが書いた作文です。


                           『心の天使』

私の弟は5才です。しかし、あまり話す事が出来ません。それは、生後一カ月頃、細気管支炎になり、人工呼吸器をつけ、生死をさ迷いました。それが理由か分かりませんが、家族みんな、少しでも早く弟が言葉を沢山話す事が出来るようにと願っています。
しかし、あまり話せない事を、
『おかしいんじゃない、変』
などと、偏見の目で見る人がいます。 『差別』です。周りの人と少し違うだけです。
『障がいとは、何なのでしょうか?』
目が不自由だったり、耳が不自由だったりする人も、自分の目標に向かって頑張っています。
そんな方と話をしていると私の方が、勇気や元気を貰います。 だから、障がいがあるのではなく、個性です。
弟の良い所は沢山あります。 
一つは、笑顔です。私は、弟の笑顔を見ると、疲れも吹っ飛んで笑顔になれます。
家族の誰かが、泣いていると、
『どうしたの?大丈夫?』
と、はっきりしない発音ですが、人一倍心から心配してくれます。
また、すごく素直です。裏表が全くありません。自分が思っていることは、素直に言います。
悲しい時は泣き、うれしい時は、心から笑い、悔しい時には怒り、とても純粋な弟です。
そんな弟が大好きです。心からいやされます。
わたしは、弟がほとんどしゃべれなかった時、
『弟の声が聞きたい!』
そう思うようになりました。そのために、弟に沢山話しかけたり、読み聞かせをしたり、沢山の経験を一緒にしました。また、弟に分かりやすいように、ゆっくり話しかけたり、弟に楽しい雰囲気を作ったりしました。
その気持ちが通じたのか、少しずつ、話をするようになりました。
初めの言葉は、
『ママ、パパ』
でした。私はいつか、
『お姉ちゃん』
と、呼んでもらうことが夢になりました。何ヶ月か経ち、初めて
『お姉ちゃん』
と、呼んでくれました。私は涙がこぼれ、思わず弟を抱きしめ、
『ありがとう!もう一回言って!』
と、言いました。今では、『自分もしたい!』と、言って料理を手伝ってくれたり、『お姉ちゃん、これ開けて』と、お願いしに来たりします。
弟は、当たり前に出来ることを、何とも思っていなかった私や家族に、とても素晴らしい事だと、気づかせてくれました。話せることも当たり前でなく、素晴らしい事なのです。
弟が今まで出来なかった事が、出来るようになった時は、すごく感動します。
この感動は、他人には味わえないぐらいの喜びです。この喜びを家族みんなで分かち合い、それを幸せと感じます。幸せとは、待つものではなく、見つけ出すものです。
この世界に、偏見や差別は、決してあってはならないものだと思います。
この全てを気づかせてくれた弟は、まさに世界一の
『心の天使』
と言えるでしょう。わたしの『誇り』です!
『私の弟として、生まれて来てくれて、本当にありがとう!』

県の人権に関する作品コンクールで、優秀賞を受賞しました
スポンサーサイト

すてきなお姉さん

素敵なお姉さんですね
『ありがとう!もう一回言って!』と言って喜ぶお姉ちゃんの嬉しくてたまらない様子が、よーく伝わってきました。あたりまえの事に「ありがとう」と思える幸せから素晴らしい心の成長を感じました。i-189


burumanさんへ

ありがとう!
色々な壁にぶちあたった時、この作文を読んで、パワーをもらっています。

お姉ちゃんは、この作文を公表するにあたり、『どうしよう!偏見の目で見られたら』という不安があったそうです。しかし、この作文を読んで涙してる人や、元気付けられている人を見て、自信に変わったそうです。
この作文のお陰で、学校の生徒、先生方の天使君を見る目も変わり、支援者が増えた様な気がします。

えらい!!

すばらしい作文を読ませていただいてありがとうございます~!私の子は健常者です。ですから、当然この作文を書いたお姉ちゃんのような心は育っていません。弟の存在があればこそお姉ちゃんにはこんなにすばらしい心が育っているのですよね・・うらやましいです。最近、公共の場で、あきらかに「障害児さんかな」と思える子がびっくりするような行動をとっても、親は知らん顔をしている光景をよく見ます。その子への接し方・・それはその親がその子に対する愛情そのものだと思います。知らん顔して見て見ぬ振り、または強く叱りつける・・そんな親の子供は本当にかわいそうだと感じます。そんな子供でも適切な接し方(言葉)でずいぶん変わる(成長する)ものだと私は考えます。それは私の友人Mさんから学んだことで、子供の将来を本当に真剣に考えているすばらしいお母さんなんです・・いつも子育てに関して見本にしています。障害を持った方への接し方は、子育て、あるいは人間関係の原点に返ることなんだな、と感じます。それを教えてくれたのも友人Mさんです。友人Mさんと出会えた事で、私も少しながら障害を持った方への接し方を知った(?)・・微力ですが・・・。この作文のおねえちゃんは小学生でありながらアラフォーの私よりも人間として立派な考えを持っていますね!!大人として自分が恥ずかしいです。こんなすばらしい作文を読ませていただいて本当にありがとうございました。将来福祉関係のお仕事につきたいとのことですね、きっと叶いますよ・・こんなにきれいな心を持っているのだから。がんばってください (^^)/

アラフォーままさんへ

ありがとうございます!いっぱい、いっぱいお礼を言いたいのですが、あり過ぎて何を言っていいのか分かりませんi-228
アラフォーままさんの考え方!凄いです!
障がいのある人の事を理解していただいて、この子達の未来が明るくなった様に思えますv-353

子育てって、障がいの有無に関係なく、一人一人の子供の特徴、性格を把握して、出来ないところはその子なりの支援の仕方で教えてあげなくてはいけないのでしょうね!   私も反省する事ばかりで・・・

アラフォーままさんのお子さんも、こんないいママで、思いやりのある優しい子供に育っているはず!

忙しいとは思いますが、また、ブログに遊びに来てくださいね~!
待ってますよ~i-24

はじめまして

こんにちは。
はじめて訪問させていただきます。
幸歩と申します。

相互リンクさせていただいているsus440cさんから、
コメント欄にて、娘さんの作文を紹介いただきました。
とても心にあたたかく残る、ステキな作文でした。

sus440cさんのコメントページに、
junmamaさんのブログへのリンクがありませんでしたので、
もしよかったら、せっかくのステキな作文ですので、
こちらのブログをリンクさせていただきたく思いました。

私のブログは、こっそりひっそりと綴っているブログですので、
多くの方へ、ご紹介できるわけではないかもしれませんが、
同じ思いを持つ、同じようにがんばっていらっしゃる、
優しくて強い方々が、訪れてくださっていると思います。

まだ全ての記事を読ませていただいていませんが、
この後、ゆっくりと読ませていただきますね。

ありがとうございました。

幸歩さんへ

初めまして!コメント、有難うございます。
娘の作文読んで頂いて嬉しく思いますi-179
この作文で、多くの人が障がいについて理解し、また、元気になってくれればと思います。
娘は、この作文を公表するに当たり、不安もあったみたいですが、多くの人が涙を流し、また、元気になっていくのを見て、自信に変わったようです。
この作文を、講演に使って頂いたり、県立高校の教師全員に読んで頂き、そこからクラス通信といったように、大勢の方に読んでもらっています。本当に感謝です。

また、遊びに来てくださいね~。お待ちしてます!

はじめまして

sus440cさんのところから参りました。

もしよければ、この文章を私のブログでも公開させて頂きたいのですが…。

どうぞよろしくお願いします(*゚▽゚*)

やまさんへ

初めまして!コメント、ありがとうございます!
この作文、沢山の人に読んで頂きたいですi-179ありがとう、ありがとうございます!
うれしくて、胸が熱くなってきました!
宜しくお願いしますi-228

はじめまして、

sus440cさんのところから、来ました。
作文読ませていただきました。
とても、あったかい気持ちになれました。
自分も、普通の人より目が悪くて
それなりに、嫌な気持ちをしたこともあります。
今でも、若干ですがコンプレックスかなっと思っています。
ですが、この作文を読ませていただき、ほんとに勇気づけられたように思います。
本当に、ありがとうございます。

これからも、ちょくちょく遊びに来させていただきます。

はじめまして!こんばんはv-280
sus440cさんのところからお邪魔しました。
素敵な作文ですねv-352
すばらしいご姉弟で心が洗われた思いですv-353
この作文に出会えてよかったです
大切な事にきづいた気がします。
私は息子が二人おりますが、当たり前のことに感謝できる
子供に育って欲しいと願っています

ゆーたさんへ

はじめまして!コメント、ありがとうございます!
娘の作文を読んで頂きホントに嬉しいです。
以前、ある方の講演で、障がいとは、妨げにならなければ害にならない!だから、障害者の害は“がい”なのです。視力の悪い方もメガネやコンタクトがなければ障害になるが、メガネやコンタクトがあるおかげで害にはなってない。“個性”ですと!足の悪い人も車いすという移動手段があり、日常生活に困らなければ個性なんだと!こう考えると前向きになれました(^^)

いつでも、遊びにきてください!私もお邪魔しますね。

shuriさんへ

はじめまして!
私も、この作文で気付かされた事が沢山あり、娘に感謝でした。天使がいる事で、子供たちが変わったな~と感じます。当たり前に出来る事、それって、本当は幸せな事だって・・・今の世の中、いじめ、他人を何とも思わない、自分さえよければ・・・悲しいですよね。
娘も今は中1!反抗期かな~。でもそれも、ひとつの成長として受け止め、他人を思いやる気持ちさえ持っていてくれれば、と!

また、遊びに来てくださいね~!
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。