11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うまれる』観たよ~❣

昨日ね、あの 

「うまれる」

の映画・・・・観に行ってきましたよ~❣

以前にも紹介しました(^^)

『うまれる』
こちらをクリック

お姉ちゃんは、期末テスト前で残念ながら行けませんでしたが・・・・天使とお兄ちゃん、パパと4人で行ってきました。

もう会場は満席状態❣
子供たちもたくさん来ていました。

上映されると・・・・私、もうウルウル状態なんですよ(^^;)
『うまれる』の本を読んでいたので涙腺が・・・・・

img8e1a8772zik3zj[1]

物語は
≪両親の不仲、虐待の経験から親になることを戸惑う夫婦≫
≪完治しない障害を持つ子を育てる夫婦≫
≪出産予定日にわが子を失った夫婦≫
≪子を望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦≫


子供達が語る体内記憶
『おなかの中にいるとき、どうだった?』
と聞くと3歳前後の子供たちのやく30%が覚えているそうです。

『暗かった』 『紐みたいなものを触っていた』 『出てくるときは力を入れた』
また、『お父さん、お母さんを選んでうまれてきた』
と話す子も・・・。
『愛がいっぱいあったから行きたいと思った』
『この世の中を見てママが良かったから選んだの。寂しそうだったから僕が行ったら寂しくなくなるかなと思ったから』
などなど・・・。


≪出産予定日にわが子を失った夫婦≫

『エコーで私の目からも娘の心臓が止まっているのも明らかだったので、目の前が真っ暗になって。
出産予定日までおなかにいた娘が亡くなったんだって・・・・・・・』

『この子を産んだらもう離れ離れになるって、・・・・もうこの子は絶対に離したくない。・・・・・
ずっと叫んでいた・・・・でも夫と二人きりになって夫が少し気持ちが落ち着くのを待って
早く出して抱きしめてあげようって言ってくれて。本当に娘に会えて抱きしめた時は幸せでした。

それからも『どうして?』『なんで私なんだろう』と悩み続け・・・。

鮫島医師が書いた
『わたしがあなたを選びました』
という本を読んで

自分を選んでくれたはずなの子供が、なぜ、うまれることが出来なかったのか?言いようのない無力感に突き動かされた夫婦。  産婦人科医でもある鮫島医師に会いに行きます。

その2週間後
椿ちゃん(亡くなったわが子)の月命日に小包が届きました。鮫島医師からのもの。

クマのぬいぐるみが入っていて、そしてこの 

『天国郵便局より』

 っていうお手紙も一緒にあったんですね。すごい、びっくりして、あけて読んでみたら、天国の椿からのお手紙で。

『お父さん、お母さん、かなしい思いをさせてごめんなさい。天国を出発する前、神様から“お父さん達と一緒にいる時間は短いですよ。それでも行きますか?”と聞かれたとき、本当にショックで悩みました。しかし、あなた達が仲睦まじく結びあっている姿を見て、地上に降りる決心をしました。たとえ、一緒にいる時間は短くても、あなた達の子供に数えられたかったからです。そして、わたしの夢は叶えられました。
いま、私は、あなた達と共に過ごした短いけれども楽しかった日々に思いを馳せ、私に続き、あなた達の家族になりたいというきょうだい達にあなた達のことを自慢する日々です。
わたしは、親戚の皆と一緒に元気にしていますので、もうこれ以上悲しまないでください。そして、心から“私の選びは正しかった”と言わせて下さい。私は、永遠にあなた達の子供です。そのことを私は、誇りに思っています。 椿より 』

夫婦

『すごいうれしくて、このクマのぬいぐるみを抱きしめて、しばらく泣いていました。これ読んで、そうか、椿は最初から知ってたんだなって。きっと、うまれてくることは出来ないけど、それでもいいんだって思ってきてくれたんだと思ったら、本当に愛しくて、ありがたくて』



以前、わたしが記事にしたもの


実は、長女を産む前に、一人女の子を出産しました。10ヶ月お腹にいて、普通に出産しました。しかし、泣く事が出来ず(呼吸が出来ない)そのまま、天国に逝ってしまいました。
“あや”という名前をつけ供養もしてあげ・・・

偶然なのか、あやちゃんの誕生日と、天使の出産予定日が一緒なのです!
パパも言います。あやちゃんと天使の顔が良く似てると・・・・

時々、思う事は、あやちゃんは、パパとママのところに行きたくて行きたくて、神様にお願いをしたのかな~!
神様が  『行ってもいいよ  そのかわり、障がいをもって行きなさい!』 と。
障がいをもって行く事で、あやちゃんと気付くことが出来るように・・・
みんなが幸せと、感じれるように・・・・  天使となって!

子供は、神様からのおくりもの!と言いますが  大事な大事なおくりものです


彩ちゃんを妊娠する前まで私たち夫婦は、喧嘩ばかりしてきました。
でも、妊娠をきっかけにその数も少しずつ減ってきたような・・・。彩ちゃんは、予定日より10日遅く生まれてきました。これ以上過ぎると、帝王切開を主治医は予定していたらしい。
彩ちゃんは、自分の命が亡くなるのを分かってて、でも出来る限りママのお腹の中にいたい!・・・・でも、自分が亡くなってしまう、ママをそんな中で帝王切開なんてさせたくない!そう思っていたかのように・・・・・・・ギリギリの時間に陣痛が起きたんです。
これは偶然なのかもしれませんが。

亡くなっても、ず~っと側にいるような気がしてたんです。見守られているそんな感覚ですね。
(気のせいと思えばそうかもしれません)
彩ちゃんは、私たち夫婦に何かを訴える為にこの世に生れて来たのかな。
それは、私たち夫婦を思う気持ち!
子供は、夫婦が喧嘩をしている事は耐えられないですものね。
彩ちゃんは、命は短かったけれど、人が生まれてくるのは意味があるんですよね。
この世にいらない命は無いんです。必ず必要とされて生まれてくるんです。

なんだかそれを天使が引き継いでいる様な気がしてならないんです。
天使は、本当に彩ちゃんの生まれ変わりなのかもしれません



≪完治しない障害を持つ子を育てる夫婦≫


『映画「うまれる」NHK特報首都圏 part3/3』

ここから観れますよ❣

18トリソミーの虎大くん。
虎ちゃんの笑顔が印象に残りました。
あの笑顔を見てね、障がいって関係ないんじゃないかなぁ~って思えたの。
五体満足にうまれてきても何の障がいを抱えずにうまれてきても、幸せか?!って・・・・。
どんな障がいを抱えて生まれてきても、生き方なんじゃないかな。
幸せってものは❣


昨日、この会場は、ほとんどの方がハンカチ片手に涙、涙・・・・鼻ズルズル❣
わたしは、もう号泣寸前!
肩がヒクヒク状態(^^;)
必死で堪えていましたよ(^^;)

お兄ちゃん、意味分かったかどうか・・・・・???
でもね、出産シーンは、食いついてみていました。天使も・・・。

赤ちゃんが生まれてきたとき、感動したんだって❣

終わって、3人の子供を抱きしめたくなってきたjunmamaでした(^^)

うまれてきてくれてありがとう❣ って。

そして彩ちゃんに『短かったけど選んでくれてありがとう❣』

いつまでも一緒だよ





スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。