08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達検査

昨日、療育センターに行って来ました。

春休みを利用して、発達検査です。
お兄ちゃんとお姉ちゃんも一緒に行ってくれました。
しかし、天使、車の中でなんとなくおとなしい。
緊張?!  そうだよね。

検査・・・・私と天使と心理士の方と部屋に入り・・・。
お姉ちゃん、お兄ちゃんはロビーで待ってくれました。

WISCーⅢです。

①完成・・・絵カードを見せ、その絵の中で欠けている重要な部分を指さしか、言葉で答えさせるもの。
     始めは、指差しで・・・。
  その中の一つ・・・ベルトに穴が開いていません。
  天使は・・・・・・・・泣いてしまいました。そうなんですよ。天使、ベルトなんか使いません(;;) ベルト とは分かっていても穴までは・・・。


私・・・「天使、泣かなくても大丈夫!分からない?」
天使・・・うなずきました。

天使の涙・・・今までの涙とはちょっと違う事に気づきました。
今までは、どうしていいのか分からずに泣いていた事が多かったのですが、今回の涙は・・・。
出来ない自分が悔しい、そんな思いが・・・。
そんな風に私には感じれました。
親の感?!かなぁ。

それから心理士の方が紙に
・わからない
・どうしていいのかわからない
・こたえたくない
・パス

という選択肢を与えてくださいました。

②知識・・・一般的な事柄に関する知識について質問し、口頭で答えさせるもの
  これは天使は筆談式です。
③符号・・・簡単な符号を書き写させるもの。 
  
④類似・・・共通の概念を持つ2つの言葉を口頭で提示し、答えさせるもの。
  タイヤとボールを提示され、天使は・・・・・。分かっているんですけど、なんて表現していいのか分からない。緊張と混ざり合ってしまい、目には薄らと涙が。

⑤配列・・・短い物語を描いた何枚かの絵カードを決められた順序に並べて見せ、物語の意味が分かるように制限時間内に並びかえさせるもの。
   3枚~5枚ほどの絵カード。
 5枚ともなると、三つもの行程が含まれている。細かいところまでの観察力が必要とされる。
天使、集中ですわ~。

⑥算数・・・算数の問題を口頭で提示し、暗算で制限時間内にこたえるもの。
 簡単な問題はクリア。
 繰り上がり、繰り下がりがね~~~。
 書けばわかるのに・・・。
 暗算・・・・無理ムリ(;;)

⑦積み木・・・モデルとなる模倣を提示し、積み木を用いて同じ模様を作らせるもの。
 簡単なものはクリア。
 しかし、複雑になると・・・4つの積み木を組み合わせて模倣と同じように完成しなくちゃいけない。
 天使・・・右上、右下、左上は出来ているのに、左下だけ動かせばいいのに、何故か左上と左下二つを同時に動かしてしまうの。一つ一つの処理が出来ないのかもしれません。

⑧単語・・・単語を口頭で提示し、その意味を答えさせるもの。
 これも筆談式。
 自転車・・・・のりもの
 チューリップ・・・花
 スプーン・・・????
 でした。
 スプーンは、食べる時に使う道具、とか、食器など答え方は色々とありますが、天使は、それがどう使うものかどういう時に使うのかは分かっています。
しかし、それをどう表現していいのか分からないのです。表現の仕方が長くなるとアウト!

⑨組み合わせ・・・ピースを特定の配列で提示し、それを組み合わせ、具体物の形を完成させるもの。
 パズルなんですけど、枠が無いから大変!
 簡単なものはクリア。
しかし・・・天使、人の顔を始めは目・鼻などのパーツで組み立てようとしてなかなかじゃない!(^^)なんて思っていたのが、途中からピースの形で考え始め、目に所に口が・・・。
時間がきてしまいました。

他の車は、なんとか完成。

⑩理解・・・日常的な問題の解決や社会ルールなどの理解について質問し、口頭で答えさせるもの。
 これも筆談式。
 「指を怪我しました。どうしますか?」・・・「カットバン」と書きました。
 「隣の家から煙が出ています。どうしますか?」・・・「しょうぼうしゃ」と。
 「お店に財布が落ちていました。どうしますか?」・・・??????

 そうなんです。天使は、分かっているのですが、文章が長くなると答えられない。単語で答えられると分かるのでしょうが(;;)
「財布を拾ってお店の人に預ける」 とか 「財布を拾って交番に届ける」 もしくは、簡単に「店の人に渡す」 とか ・・・・〇〇を〇〇する と言うような文章が表現できない。

家では、言葉で表現出来ているのですが・・・。

それから、「答えを二つ言って下さい」と言うと、答えられない。一つは分かっていても・・・。
「分かったものを一つでもいいよ」と言うと、答えられました。

⑪記号・・・左側の刺激記号が右側の記号グループの中にあるかどうか判断させ、回答欄に〇をつけさせるもの。
 時間制限の中で頑張っていました。



終わった後は、ホッとしたような表情でした。

今回、久しぶりの検査。
天使の現実を叩きつけられたようで、凹んでしまいました。
しかし、出来ない事がハッキリと見えてきた。
今後どう取り組もべきか、見通しもハッキリと。

天使が、今までいろんな経験を通して自信を付けてきた。

しかし、今回、出来ない自分と出会って悔しかったのだろう。

側についている私までそれが伝わるほど。
ちょっとヒントを与えれば出来る事もあった。しかし、あくまでも検査。
規定の提示でしか質問できない。
側にいて、なとも言えない腹立たしさ。

自信をなくしながらも頑張った天使。(1時間30分も)
なんとかしてやりたいけど。これが天使の現実なんですよね。

またドクターからの結果説明時、今後の対策を進めていかなくては。


帰り、車の中では緊張が解けたのか、お兄ちゃん、お姉ちゃんとバカ騒ぎをしていた天使です

帰宅して、天使をムギュ~して、癒されて・・・・凹んでいた私も、今は・・・・








スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

早速のコメントありがとうございます
職場から携帯にてコメしてますので
後程きちんとコメントさせてもらいますね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

検査・・・私そういえば、次男の検査をしてるところって見た事ないです。
検査の時って必ず親と離れてだったなぁ。
なので具体的にどんな事をやってるのかって事は知らないですね。

発達障害の子は口頭でとか聞き取りは難しいですよね。
でも、これからいろんな経験を通じてできなかった事ができるようになったり、理解できるようになったりしますよ。
次男でも「絶対無理だ」と思ってた事も少しずつ改善されてます。
モチロン、どうしても無理な事もありますけどね。
だから悲観しないでね。
これからこれから!!

NoTitle

天使くん、よく頑張りました。
うちの次男は発音が中々きれいにならなくて
ことばの教室に行っていたのですがそこで検査しましたよ。親は別室だったけど。
うちの場合は結局発音だけの問題ということだったけど・・・。

できないことがある現実は凹むけど
現実を受け入れることが前進するための一歩なんだよね。
天使君はここ最近でもとても成長しているもの。
これからも進んでいくよ!楽しみだね♪

yuyuhaya さんへ

天使は、2歳から就学前まで支援学校で月1回の療育相談を受けていたんです。そして発達検査も。
何回か受けているんですけど、親なしで受けたのは1回程なんです(^^;)

検査内容は、だいたい見てきました。(今までは側についているだけ)
今回は、6歳から16歳までの幅の広い検査内容。
今までは、就学前の子供対象の物でした。検査内容のレベルが高くなってきましたね。

かん黙があるのでどうしても、言葉で言い表せない、それに他人(慣れた人にはOK)からの質問に対して、どうしていいのか分からない所が・・・。
今回もやはり親の助けが無いと。
手助けと言っても、ヒントは与えてはいけない。
「分かる?分からない?」と言うように意思表示を促す言葉ぐらいなんです(^^;)
こうやって声かけしないといけないって事も、一つの問題なんですけどね(^^;)

反対に側にいることが、出来ない所も、出来るところも見てしまうので、ダイレクトに響いてしまうのですよね(;;)
検査はあくまでも、検査。
一番分かっているのは親。本当は出来るのに・・・・と思う事も。
これが、家とは違う、今の社会での天使の現実。
しっかり受け止めて、yuyuhayaさんが言うように、これからですものね(^^)

少しずつ一つ一つ、前を向いて・・・(^^)。
ありがとうございます❣


海のいるかさんへ

ありがとうございます(^^)
次男君も言葉の教室に通っていた時があったのですね。

普通は、親は別室で・・・なんですけど、天使の場合、かん黙があるので、どうしても言葉の面での回答が出来ない。筆談式でも出来るのですが、慣れない人の前だとそれもなかなかと言う問題があるのです(^^;)

yuyuhayaさんの返事でも書いたのですが(^^;)側についている事で天使の現実が丸見え!(^^;)ダイレクトに響いてしまうんです(^^;)
今回の検査は、今までの検査とちがって検査内容がレベルアップ!
6歳から16歳までのもの。
まぁ、年齢相応のものを検査するのですけど、天使はまだまだ・・・。

いるかさんのおっしゃって下さった、
>現実を受け入れることが前進するための一歩なんだよね。
その通りですね(^^)

元気が出てきましたよ❣

凹むことが気付きであって、そこからが始まり!

天使の弱点がこれから一歩一歩前進できるように。
いつもありがとうございます❣

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

発達検査、天使くん、長時間にわたって奮闘されましたね。現実を目の当たりにすることは、時に厳しいことですがしっかりと受け止められていること、すごいです。今後の教育について考えられる格好の資料になったと思います。

王子も昨年の夏、3歳で発達検査を療育センターで受けました。全く検査にもならない形でただただ呆れる他ありませんでしたが....でもそれがあの時の現実だったのだと。ほどなくして医学的診断をいただけるきっかけにもなったのですから、肯定的にとらえたいと思います。

天使君もまだまだこれから。頑張っていきましょう!

バニラビーンズ さんへ

ありがとうございます(^^)

天使も、小さい時は何も出来ない状態(;;)
始めは、支援学校・言葉の教室でも座ることからでした(^^;)そして、少しずつ長~く(^^;)終わりは、楽しい遊びが待っている!それが分かり始めてからは、少しは成長したのかな(^^;)

今回の検査は、やはり以前とは違ってレベルアップ!
8歳と言う年齢相応の検査だったのですが、筆談でも出来るかな?!と思っていたのですが、天使のレベルは、その答えを表現出来ないレベル。

今回の言語性・動作性検査の結果で、しっかりと天使の方向性を受け止めていかなくては!と思いました(^^;)
認めることからが始まりですものね。

頑張ります❣❣

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。