09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ目線に立つ事

今朝、娘との話の中で思い出した事が・・・。
天使と同じ学年の発達障がいの男の子T君。

2年ぐらい前かなぁ~。
T君のお姉ちゃんが通うスイミングにお母さんと一緒に来ていました。当時6歳。

必ず、自販機で同じジュースを買うのですが、その時に
「売り切れになっているから買えない」
結局、他の物を・・・。

次の週も「また売り切れだ!」と。またその次の週も同じ事を。
なかなかお気に入りのジュースが買えないんです。

T君、自販機を眺めながら・・・。
その時に他の子供が、そのお気に入りのジュースを買おうと・・・。
するとT君、「それは売り切れだから買えないよ!!」
しかし、ジュースを買いに来た子は (何言ってんの!?)って感じでそのジュースを買っていきました。
T君、なんで?????ずっと不思議な顔・・・・。

今まで売り切れと思っていたものが・・・・!!!

そこにお姉ちゃんが(娘)T君のそばに行き、T君の目の高さに・・・・。
娘・・・・・「お母さん、T君から見たら、『売り切れ』って光って見えるよ」

私も同じ目線で・・・・。
確かに!
ボタンが電灯の光に反射して、赤い文字で 『 売り切れ 』 と。

T君を抱きかかえて、自販機と同じ高さの目線になるように。
すると・・・・T君・・・・「あ~~~、買える!売り切れじゃないんだ」

やっと大好きなジュースをゲット出来たんです。
年長さんの身長では、下からの目線だったのですよね。
大人になったら気付かない事、あるのですよね。
自分が小さい時のあの感覚、忘れてしまっているのでしょうね。




この事を思い出した今・・・・子供の気持ち・・・・子供と同じ目線で寄り添う事、忘れがちになっている。
大人にも同じ事・・・・他人を思いやる気持ち・・・・当事者の対場に立って考える事が必要なんじゃないかと。


ジュースをゲット出来たT君の笑顔が、とても満足そうでした
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

文字通り、同じ目線に立ってですね。
子供と大人、見えている世界が違う。
心の中も同じですね。
自分が見えている世界がすべてじゃない。
そのことをちゃんとわかっていたいですよね。

何事も同じ目線で・・・
グサッときます・・・

最近は気をつけてないなあっと

気づかせてくださって
ありがとうございます^^

子供の目線で物事を考える、当然の事なのについ上から目線で指示してしまう。
子供にしてみたら理不尽だったり、分かって貰えないと不満に思ったり…
きっと自分も子供の時感じていたはずなのに、大人になるにつれ忘れてしまうんですね。
お姉ちゃんよく気が付きましたね。
すばらしい!
毎日天使君と向き合っている証拠だよね。

コメントありがとうございました。

内容が内容なので、記事を削除しました。

教育の現場って、、、、なんなんでしょうね。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

海のいるか さんへ

>自分が見えている世界がすべてじゃない。

本当にそう思います。
自分の固定観念・・・・少し視点を変える事で、見えてくるものがあると思うのです。
子供の目線・・・大人にも同じ事。自分の見えている世界だけじゃなく、相手の見えている世界も考えるようになりたいです。

gucha さんへ

私も、同じ目線で・・・出来てないなぁ~と反省です。
子供の目線・・・忘れてしまったあの感覚。
子供達に気付かされる事が多いです。
大人にもそうなんでしょうが、平等に・・・、気持ちに寄り添う事で、大人の人間関係も上手くいくような気がします。

エンジェルキャッチさんへ

当然な事なんでしょうが、忘れてしまったあの感覚。
お姉ちゃん、当時6年生でした。まだ、子供の感覚が残っていたのでしょうね。
お姉ちゃん自体、T君の事がかわいくって久しぶりに会った時の事でした。
T君の気持ちに寄り添っていたかったのかもしれません。
天使と・・・今のお姉ちゃん・・・上から目線です(^^;)喧嘩もしょっちゅう(^^;)

あおさんへ

ありがとうございます。
教育の現場とは・・・・複雑ですね。考えさせられます。

王子が言葉がないこともあって、いつも彼が思っていること、見えていることを手探りで考える日々です。きっと知らず知らずのうちに同じ目線で考え、その難しさを感じているのかもしれません.....。

以前、感覚過敏や知覚過敏のある自閉症児の世界を体感する....という文章を読みました。ペットボトルを半分にカットして、注ぎ口の小さい穴から世界を見る、都会の雑踏や工事現場の騒音が流れるヘッドホンをして歩き、軍手を二重にしてはめ、細かい工作をやってみる......全てが私たちの感じる世界とは異なり、その不自由さの一端を知ることになると思いました。

子供の世界、特に発達障害のある子供の世界を知ることはこちらの気持ちも鋭敏にして、意識を高めていることが大切ですね。観察力も磨くこと....何だか私はもう癖みたいになってます。(笑)

お姉ちゃん素敵です

v-353T君の目線で気付いてくれたお姉ちゃん素晴らしい!!
いつもjunmama一家で当たり前のように気をつけている事が、
そのまま外の世界でも生かせてるんですね。
嬉しい成長だね~v-424
その優しい気配りを大切にこれからも、もっともっと
素敵な女性へと成長してくれる事でしょうね。
junmamaさんのようにね!

バニラビーンズ さんへ

そうですね。私たち障がい児の親は、少なからず、子供の言動にもその裏側の意味を考えてしまいますよね(^^)癖になってしまっている(^^;)
私も以前に発達障がい児の疑似体験をさせていただいた事があります。問題を解いて!と言われても、わからないのですよね。その問題が解決した時の嬉しさ・・・・胸に詰まったいたものがスッキリした様な・・・。
困り感・・・その子の目線で考えていきたいですね。

burumanさんへ

そんな事ないよ!(^^;)
いつも、壁にぶつかっています(;;)
落ち込んでは、反省して・・・その繰り返し(^^;)
でも・・・確かに、今のお姉ちゃんは、何かに向かって頑張れているような気がします。
何か、今までの何かがはじけた様な・・・。
反抗はするけどね(^^;)
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。