06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は、日曜日から気持ちが沈みがちなんです。

と言うのは、
知り合いMちゃんのお子さんYちゃんが9才と言う若さで、天国に逝ってしまいました。
メールで教えてもらい・・・・・。
言葉が出ませんでした。

Yちゃんは小学3年生です。
体に不自由があり、入退院の繰り返し。
私は、あまり体の状態は分かりません。
しかし、支援学校に通い、本当に頑張っていたところでした。
お母さんMちゃんもYちゃんの為に、遠く2時間もかけて音楽療法に連れて行ったり、頑張っていたのです。
お兄ちゃんが二人います。このお兄ちゃんたちもYちゃんの事をすごく可愛がっていました。
Yちゃんが入院すると、まず朝起きて、仏壇に向かい
「Yちゃんが早く元気で退院できますように!」とお願いする様なお兄ちゃん達。

Yちゃんは亡くなる前、発熱で救急外来に連れて行ったそうです。しかし、検査等々、全く異常なし。とりあえず自宅に帰った矢先。
朝、そのまま眠るように天国へと。

家族の気持ちを思うと・・・・。


昨日お通夜でした。
受付には、沢山の人。
そして、Yちゃんの写真がたくさん飾ってありました。
涙で・・・・・。

お焼香を・・・。
私、涙が・・・・あふれて・・・。

Mちゃん、辛いはずなのに・・・一人一人に気丈な態度で挨拶を。
Mちゃん、本当に人の事を第一に考える人なんです。
いつも人に感謝の気持ちを忘れない。

Yちゃん・・・すごくきれいでかわいい顔をしていました。

お礼の言葉の中に

『身体は不自由でしたが、目を大きく開け、私たちに語りかけるように笑顔のかわいい女の子でした。家族みんなで支え合い、日々の暮らしを過ごしてきましたが、生まれた時と同じように穏やかな日差しの中、身近な生涯を閉じて逝きました』



私も18年前を思い出してしまいました。
天国に召された彩ちゃんの事。

あの時は、何が起こったの!
我が子の死を受け止められずに、自分を責めて・・・。
赤ちゃんの泣き声がたまらなかった。
責められている様な、今までこのお腹にいた我が子が・・・。
これが悪かったんじゃないかとか、ホントに自分を責めて。
ずっとぼーっとしていしまい、テレビを付けているだけで映像なんて見てないんです。
何も考える事が出来ない。

自分を前向きな気持ちにさせてくれたのは家族でした。
自分が元気にならなくっちゃ、パパもみんな元気にならない。
そして、一番は、彩ちゃんが望んでいる事は・・・ママの笑顔!そう思えるように。
我が子の死を受け入れられるまでには、時間がかかりました。
何年も・・・。

忘れていたはずでも同じ年齢の子供を見ると、つい。。。

我が子が亡くなるって・・・・これほど辛い事は・・・・。
言葉に出来ません。

Mちゃん、今はきっといろんな事を思い出して・・・。
Mちゃんは今まで、Yちゃんの為に沢山の愛情を注いできたよ。
YちゃんはMママの所に生まれてきて幸せだったと思う。
やさしいお兄ちゃん達、お父さん、お母さんに囲まれて。

Yちゃんも今まで精一杯生きてきたよね。
きっと天国から『ありがとう』って言っているよ。

だから自分を責めないでね。
Yちゃんの為にも早く笑顔を。

Yちゃんのご冥福をお祈りします。










そして・・・皆さん、今ある命を大切にして下さい。
あなたを思う人は必ずいます。

辛い事も沢山あります。
しかし、幸せもあるはずです。
幸せとは、見つけ出すものだと思います。
それに気付けるような生き方を。
必ず、苦の次は、幸せがくるはずです。
これも自分次第の様な気がします。考え方一つでね。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

No title

そんなことがあったんですか・・・。
以前ブログで知り合った方のお子さんが亡くなって・・・
ずっとブログを読んでいたから会ったことはなくても
良く知っている気がしていたので
やりきれない気持ちでした。その子は病気で、再発して・・・。
私は長男と次男の間にひとり流産しているんだけど
やっぱり悲しかった。
命、大切です。
生きてそこにいてくれるだけで。
子供にもきちんとそこは伝えて行きたいと思っています。

Yちゃんのご冥福をお祈りします。

No title

子供が先に旅立つことほど、親として辛いことはありませんよね。
子供の寿命だったのだと、と思っても、どうしようもない悲しみ・・・
私は初めての子供を流産しました。
あの時の気持ちは、今思い出しても涙が出てきます。
神様には神様のご計画があったのだ、と頭では分かるのですが、気持ちがどうにもおさえきれませんでした。

全ての人に平等にその時はやって来ます。
その時の悲しみ・・・
だから、junmamaさんが仰る通り、「今ある命を大切に」。
そして、それは自分の命もそうだし、相手の命に対してもそうですよね。

Yちゃん、不自由だった体から解放され、自由に今は天国で走り回っていますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

小さな子供が天に召される時は、悲しみばかりが先走りますね。
きっと9年の間にご家族や周りの方から沢山の愛情をもらってとても幸せだったのではと思います。junmamaさんの彩ちゃんも、ご家族の愛情のなかで過ごされたこと、きっと幸せだったと思いますよ。

最近ずっと虐待や生まれて間もない子供を手にかけてしまう親たちのニュースがあります。そんな子供達のことも考えてしまいました...。愛情にも恵まれずに死んでしまう子供達ほど悲しいものはありませんね。

海のいるかさんへ

命というもの・・・・流産・死産・子供の死、どれも辛いものです。
我が子の死を受け入れる・・・・時間がかかると思います。
私もふと、あの時の悲しみが蘇ってくるんです。
自分が経験した事だから、相手の気持ちが分かる。
こんな事経験したくないですけどね。
私も子供達に “ 命 ” というものの尊さは伝えていきたいです。

愛希穂。さんへ

我が子の死・・・・これほど辛いものは無いですね。
>神様には神様のご計画があったのだ、と頭では分かるのですが、気持ちがどうにもおさえきれませんでした。

母親は特にですよね。
理屈では理解できても感情はね・・・。
>Yちゃん、・・・・・自由に今は天国で走り回っていますよね

そうですね。
天国からみんなを笑顔で見守ってくれている事でしょう。

バニラビーンズ さんへ

Yちゃんも短い人生だったかもしれないけど、きっと幸せだった事だと思います。
人生短くても中身がどうか!なんだと思います。

愛情を注がれずに育った子供達。また虐待されて死んでいった子供達。
もっと“命” “生きる” とは何か、考えて欲しいですね。

私たち家族の中で彩ちゃんは、いつまでも心の中で一緒に生きています(^^)
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。