06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M,ありがとう!

今日は、天使くんの事ではなく、私の親友M(幼なじみ)の事を書きたいと思います。
Mは、二十歳の時に、交通事故に遇い、車いすの生活をしています。
私は、その当時、故郷を離れ彼女の苦労はよく分かりません。
しかし、突然の出来事で受け入れるまで、相当な葛藤があった事でしょう。
私が天使くんの事を受け入れる事が出来たのも、Mの存在が無ければどうなっていたか・・・

天使くんの診断が出て、母も心配し、『頑張らないといけないよ!』  
しかし、当時の私には、  『何を頑張ればいいの?頑張れって言われても何をしていいかも分からない』  その言葉しかありませんでした。
現実から逃げられたらどんなに楽か!  どうして天使くんを生んでしまったのだろう!
食べれない! 寝れない!  目が覚めても、  “あ~っ、現実なんだ!”  起きようとしても、体が拒否してしまってました。

私は、藁をもつかむ思いで、Mの所に・・・
Mは私の話を真剣に聞いてくれました。
Mは、自分が下半身麻痺になって、一生懸命、医者から言われるがまま、リハビリをしていました。
周囲の人たちは、 
『頑張ってね!』と励ましの言葉をかけていたそうです。  
しかし、当時の彼女には、『頑張ってね!』  の言葉は  

 『これ以上私は何を頑張ればいいの!そんなに私を追い込まないで!』   それしか思えなかったそうです。 確かに 『頑張れ!』 って、時と場合によっては、無責任な言葉になるのでしょうね!(難しい問題です)  
それ以来、Mは、病院でリハビリをしている人には、    『お疲れさま!』
と、沢山の人に声をかけてます!

私は、Mから、そんな話を聞いていると、
“あ~ぁ、分かってもらえた”   という安心に変わっていきました。そして、天使くんの事、受け入れられるようになってきました。

また、Mから教わった事も沢山あります。   

Mが車いすで買い物をしていると、幼い子供は、興味を持ち  “じ~っ”  と見つめて時には
『どうして、車いすなの?』
と聞いて来るそうです。    でもこれって、子供が自然と思う事であって・・・
たいていの親は、 
『だめよ!ゴメンナサイ!』     と、言ってその場を立ち去るそうです。
しかし、そのままだと、子供は、
『この人は、自分とは違うんだ!』と・・・・

そこでまた、偏見の目が植え付けられているのでしょうね。 その後のフォローが欲しいですよね。  

私は、娘が 『どうして、Mさんは、車いすなの?』 と聞いてきた時がありました。
『Mさんに、聞いてみて!』
Mは、 ありのままを娘に話してくれました。   娘は、『そうなんだ』   それだけです。
娘は生まれた時から、車いすのMしか知りません!  何の偏見もありません。
だから、ありのままを受け止め、  娘にとって、大好きなMです。

いつも、人の事を心配してくれ、Mの所には、色々な人が頼ってきます。

今も、自分の体と戦って前向きに生きています!   

“M、これからも宜しくね!”
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

今晩は^^
たびたび失礼いたします

そうですね
頑張ってという言葉
励ましでありながら
追い込んでしまう言葉でもありますものね

Mさん
とっても素晴らしいですね!
とても友達おもいで
つらいjun mamaさんの気持ちに寄り添い
ありのままの姿でフォローしてくれて


ほんとう
ありのままで
みんなわけ隔てなく
すごせたらいいですねv-352

これからもM様との素敵な
交友関係が続いてゆきますようにv-290

追伸
こちらこそ
今後ともよろしくお願いいたします


あ~~~うちも、車椅子の方に子どもが話しかけたらドキドキします。
子どもが当然のように疑問に思うこと、嫌な気持ちしないで答えてくれたらいいんですけど、
「そんなこと家で教育しろよ」
と思われるかなとか、変にドキドキします。

自分自身、障害や障害者に対する認識があいまいで、
どう対処したらいいのか、
ボンズのことがきっかけで勉強中なんです。
Mさんの存在は、とっても心強く頼りになりますね。

出会い

人との出会いは自分を強くしてくれますよね
頑張ってる人には特に導かれるものを感じます。
いいお友達ですね^^
是非お会いしてみたいわぁ

おはようございます^^
とっても嬉しいコメント
いただきまして
ありがとうございますm(__)m
今日は消防団の資料作りのために
pcたちあげたら
jun mamaさんから
コメント入っていてハッピーです
今妻が
息子と宿題してます
ちょっとぐずってますが....
昼から
公園で
おもいきり遊びたいと思います

ではでは
jun mamaさんご家族も
良い休日をお過ごしくださいね^^


sus440cさん、 こじまるさん、buruman さん、コメントありがとうございます!
色々な人に出会うと、色々な事学べます。人それぞれ人生があって、苦労をしている人には、光るものを感じます。Mは、今、科学物質過敏症という病気と4年間も闘っています。
聞いた事ありますか?日常にある化学物質に反応し体に紅班(湿疹みたいなもの)が出てしまいます。この病気も周りが知らない為に(ドクターも)精神的な苦痛もあります。しかし、Mは一つ一つ、大きな壁を乗り越え前向きに頑張っています。
私は、このMから、人間の生き方、教えられています。
見た目で分かる障がい。娘が以前、腕のない方を見て
『見て!あの人、手が無いよ!』と言ってきた時がありました。Mの存在が無ければ、私はやはり、『ダメだよ!ゴメンナサイ』と言ってたかも・・・
娘に、『そうだね!でも、手が無くても買い物に来たり、普通に生活出来ているんだね~、凄いね~。
歩けなくても車いすという移動手段があったり、視力が悪くてもメガネをかければ、障がいではなくなるんだね!』と・・・

偏見は接し方が分からない、そこから始まっているような気がします。娘にもそれを教えています。
自分に問いかけているのかも・・・

素敵なお友達ですね

心強いお友達がいてjunmamaさんの素敵なお人柄がよ~くわかります。

息子と歩いていても好奇な目で見られているなあと思うことがたま~にあります。イヤーマフ、赤ちゃん喃語のような声で振り返ってまで見られることも…。

自分自身が余裕があるときは平気なのですが、イライラしていたりすると「静かにしなさい」なんて、息子に言ってしまって反省します。大きな声で言っているわけでもないのだから…周りにいる人のほうがよっぽどうるさいのに…。

guchaさんへ

その気持ち、よーく分かります。周りの目、気になりますよね!周りには何の迷惑もかけてないのに・・・
私もguchaさんと同じです!その時の自分の精神状態?でも違いますが・・・
障がいのある方のそういう行動を見ると、本人の今の気持ちを考えたり、家族の方も、苦労されているんだろうな~と自分と同じと思っています。
反対に、わざわざ、振り返って見る人は、おそらく、人の気持ちも分からない世間知らずの人!と割り切って見るようにすると、気が楽ですv-410
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。