10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き~・ロボット

前回の続きです。

図工の時間に天使は、ほとんど完成していないロボットを持って帰ってきました。
みんなと同じように発表もしてない。

あまりにもかわいそう!

天使の気持ちを考えると・・・・・ホントに親として切なくて・・・・。

天使が学校で出来なかった事を、家族みんなで達成してあげよう!

みんな大賛成でした。

天使が自分で完成できるように・・・。みんなアドバイスをネ

「天使~、どんな風に作りたい?」

「こんなのはどうかな?」
なんて言葉が飛び交っていました。

天使は
「いいね~それ!」なんてイキイキした顔で、空き箱をセロテープでくつっけたり・・・。

本当にうれしそうに・・・楽しそうに作ってましたよ(^^)

ロボット ロボット2

嬉しそうな天使 満足げな天使


ホントに、うれしそうでしょ?!

この後に、天使に
難しかったところ等、紙に書かせました。

① むずかしかったところ  
  
 ベロをつけるところがむずかしかったです。

② よくできたところ 
 
  手をつくるのに テープをおるのがよくできました。

③ がんばったところ
  
 足をつけるのをがんばりました。

これを書くのも、ロボット作りが楽しかったからか、自分から考えを言い、書くこともスラスラとできましたよ(^^)

そして、家族みんなの前で、発表する事もできました。

天使はにこにこ顔です。

その日は、寝るまでベットの中でもず~~~~っと離さずロボットで遊んでいました。

こんな配慮が、学校でも出来ていたらと思うと・・・・。

この問題は、やはり解決しようと思います。
この天使の笑顔が続くように・・・・。

この天使の笑顔が、私たち家族の救いですね。

一番つらい思いをしているのは天使なのにね。

いつも、ありがとう!
スポンサーサイト

こんにちは!世界でたった一つのすばらしいロボットが完成しましたね!口元が本当に嬉しそう。ご家族のあたたかいフォローがあってこその笑顔ですね。

あわせて前記事も読ませていただきました。完成できなかった子供が普通級の子供だったら、同じように発表させないのでしょうか。普通級に所属する支援学級の子供をどうフォローするのか。担任の先生はもっとお考えになって欲しいですね。私もこの機会に解決すべき事柄だと思います。

天使君発表できてよかったね!!
でも、これって学校のすることだよねぇ~

今回の天使くんへの対応は、天使くんだけの問題ではなくて、この配慮のなさはどの子にも影響があるんじゃないのかな?
やっぱりおかしいよ。
具合の悪い子を放置しておくなんて…
一人だけ発表させないなんて…

バニラビーンズ さんへ

天使の笑顔(^^)救いでしたよ。
こんなにうれしそうにしてくれるなんて~~。

“普通級に所属する支援学級の子供をどうフォローするのか。担任の先生はもっとお考えになって欲しいですね。”

同感です。
それに普通級にも多少の差はあるけれど、フォローを必要とする子はいるはずです。
一人一人を理解すれば見えて来るはずなのですが・・・・。
支援が必要な子供に対してどう対処するのか、どうしていいのか分からないのか、支援が必要なことにも気付いていないのかもしれません。
気付き・配慮がね・・・・。
今、学校側とどうして行くべきか検討中です。
がんばりますね。

エンジェルキャッチさんへ

そう!
学校がすることなんです。
天使にとっては、とりあえず満足は出来たかな?!と思います。
担任がどう対応していいのか分からないのなら、こんなやり方もあるんだよと分かって欲しい。
そして、この笑顔を見てどう思うのだろうか?
子供のやる気と言う芽を摘んでしまった事。そして、こんな笑顔を自分の指導で見てみたい。そう思ってくれるんじゃないかと言う思いもありました。
天使の気持ちも伝え、この写真を見せようと思います。

エンジェルキャッチさんが言われるようにこの配慮のなさはどの子にも影響があると思えます。
天使だけではなく他の子供たちにもいきとどいた指導が出来るようにしてもらわなきゃね。

それと、天使に対してこのような対応をすることにより、他の子が “天使君だけ対応が違う” そう思うようになる。その時に、自分たちとは違う、そんな大きな壁が立ちはだかることで差別、いじめへとなることもこの担任に分かって欲しい。
気付いて欲しいです。
必ず、伝えます(^^)
がんばりますね。

他の子の中にも「何作ったらいいの?」って困った子はいたと思いますよ。
何せ2年生だもん。
別に天使君に付きっ切りじゃなくてもいいから、そっと手を差し伸べる気持ちがほしかったですね。
お話ができなくても、お家でやったみたいに天使君が書いたものを先生が発表する形をとってくれてもいいのに。
ものすごく手の掛かることじゃなくて、ほんのちょっとした事なのにね。
こんな配慮のない人が、こんな低学年の担任なんて務まるのかな?
天使君だけじゃなくて、困るお子さんはいると思います。
なんか寂しいね。心が貧しすぎる。

yuyuhaya さんへ

実は今日、支援の先生に相談をしてきました。
内容の一部。
2年生でも手助けの必要な子はたくさんいるんです。
天使だけではない。そして、このロボットをつくる目的には、立体的な物の創作する事。この年齢ではむずかしいのだそうです。
だから、教えながら、そして、子供は、試行錯誤しながらテープの貼り方、物のつけ方などを学んでいくそうなんです。
それをしなかった事にも問題があります。
また、学校側と一緒に担任にも話をしていくつもりです。

低学年向き?
以前は高学年を受け持ったことが・・・。でもう~~~~んって感じでした。昨年は、今年と同じ2年生。他の保護者の中では低学年向き!といううわさもありました。私からしたら、まさしく、う~~~~~んi-182ですね。
これからも色々と問題が出てくる・・・でしょう。

こんにちは!
前回分とあわせて読みました。
その先生、配慮がなさすぎです!
教師としてというより、
人としてどうなのよ、と思いました。

天使くん、おうちで発表できて
本当によかったですね!
我が家も自宅でやり直すことが多いので
天使くんのとってもうれしい気持ちがよく分かります。

学校側とよい方向に向かうといいですね。

おっはよ~!

ご無沙汰しっちゃって、ごめんね(;_;)/~~~
最近の記事読ませてもらったよ

天使くんの気持ち考えたら、切なくなっちゃったよ
かわいそうに・・・

全ての子供達に教育を受ける権利、そして多様な子供達の教育的ニ-ズに応じ、それぞれ適切な支援を行う特別支援教育が始まって3年・・・
学校現場でも、支援体制に模索が続いているのが現状です・・・

それにしても、完璧な家庭でのケア!
素晴らしい!!
天使くんは、大丈夫だよ^^

きらりのママ さんへ

配慮。
人によって様々だけど、子供にこんな思いはさせたくないですよね。
無理難題を言っているわけじゃなく、基本的なこと。
ただ、それを願っている事なんですよね。
特別な扱いをして欲しいんじゃなくて、みんなと同じように・・・。みんなと同じように出来ない天使だからこそ、支援が必要なんですよね。
天使だけじゃなく、普通級にいる子供だって同じ事。
出来なければ、その子なりの問題を把握して、支援してあげる事だけの問題なのに。

天使にとって、ロボットが完成した、そんな達成感は一応、味わえたかな?(^^)
嬉しそうでしたよ(^^)

burumanさんへ

おはよ~~~!
久しぶり~(^^)

家庭でのケアー。
今、やってあげないと天使にとってのフォローが出来なくなってしまう。
気持ちを大事にしてあげたかったんだ。
学校側には、今後の対処方を話していこうと。
それを待っていたら、遅くなってしまうものね。
一番大事なのは、天使の傷ついた心だから。

担任に対しても責めた言い方をしたいとは思ってないんだ(^^)
私が願うことは(親なら誰もそうなんだろうけど)天使が、いつまでも笑顔でいれる事。

子供の笑顔って最高の贈り物だよね~(^^)

天使くん、嬉しかったね!
達成感と家族の愛情、両方感じられたと思います(*^_^*)
学校へはきちんと話していったほうがいいね。
一緒に育てていくという意識を持ってもらえるといいんだけど。
でも、助けが必要な人に手を貸すのは
人として当たり前のことだと思うの。
たぶん、先生自身が気付いていないこと(子供たちに必要な配慮とか、ひとりひとりの気持ちとか)がけっこうあるんだとおもうの。
そういう部分を責めるのではなく、うまく伝えていけると
いいですね。応援しています。

おはようございます^^。
天使くん、寂しかったね・・・ロボットもこんなにかわいいものが出来たはずなのにね。
少しの配慮で自信や達成感や喜び創造性・・色んな物を感じる事が出来たのに・・先生との信頼関係も。
親としては悔しいし、悲しいし、とっても残念・・・・
支援が必要な子にこんな時どうしてあげるべきか、どう感じたか、どんどん伝えていくべきだと思います。
天使君、家族のあたたかいフォローがあってよかった・・。子供の笑顔は宝ですよね。

海のいるか さんへ

海のいるかさんが言うとおり!!
“一緒に育てていくという意識”
これなんですよね。
私は、先生や学校を責めているんじゃなくて、どうやったらうまくいくか、その意識なんです。
子供達に配慮しないといけない!その気付き(意識)が無いのかもしれません。
対応の仕方が分からないと言う問題じゃなく、もしかして、気付いてないのかもしれません。
気付いてもらうようにうまくアプローチ出来たらなぁ~。
がんばりますね。

fightmama さんへ

ホントにそう思います。
“少しの配慮で自信や達成感や喜び創造性・・色んな物を感じる事が出来たのに・・先生との信頼関係も。”
今の世の中、自分の業務だけに追われて、教育って事が忘れられている様な気がします。
子供が、達成感に満ちた時の笑顔って大人にとっても最高の喜びに変わり、そしてまた自分自身が喜び・達成感に変わるのに・・・。
子供の成長は、教師にとっても成長となるのにね。
少しの配慮で変わることを知って欲しいです。
子供の笑顔は、最高です(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。