10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そのままの自分が素晴らしい存在」

昨日、乙武洋匡さんの講演を聞いてきました~~。
皆さんも知っていらっしゃると思いますが、
『五体不満足』で500万部を超す大ベストセラー。
2007年から小学校の教師をされています。

演題 『そのままの自分が素晴らしい存在』

会場も満席状態で大ホールに立ち見状態!!
すぐ横の小ホールでもスクリーンにての講演でした。

私は娘とお兄ちゃん連れて・・・。
乙武さんは小さい時から何でも好奇心を持ち、自分で何でも挑戦していたそうです。
出来ない事があってもあきらめずに、出来なければその次を考えればいい!それでも出来なければ出来た人に聞いてみる、そんな考えを持っていたそうです。

印象に残った事、たくさんあり過ぎ~なんですが・・・。

小学生の時、担任の先生が学校では車いすを使わせない厳しい先生だったそうで、
他の子と同じように、何処に移動する時も歩いて・・・。
体育の時の運動場でも車いすは使ってなかったそうです。冬場は寒くて
ホントに寒くてたまらなかった。
隣のクラスの先生が担任に「冬場だけでも車いすを使わせてあげたら」そんな事をおっしゃって下さったそうですが、担任からの言葉

「今だけの事を思えばそれもいいかもしれません。でも、長い目で見た時にそれが本当に彼の為になるのでしょうか?!彼が生きていく上で必要なこと」そうおっしゃったそうです。
その時はまだその意味が分からなかったそうですが
中学、高校、大学・・・大人になるしたがいその意味が分かってきたそうです。
車いすに頼ることだけだったら、限られたところにしか入学できなかっただろう!
自分の生きる世界が広まったそうです。

それに実際どうやって飲み物を飲むのか、やっていただけました。
ストローなんか使いません。
用意されていたストローを口で外し、口でコップを持ちあげ、そのまま肩にのせ、くわえたまま肩で少しずつ斜めにして飲んでいかれました。
また、どうやって歩くのか、車いすを降りて・・・。
子供達も私も感動です。なんか生きる力をこの目で見た!そんな感覚でした。

教師になって思うこと。
今の子供は変わった!みんなそう言っている。でも接してみて、何も変わっていない。子供は素直で純粋である。
ただ変わったのは、遊ぶ内容。
昔は、公園でキャッチボールをしたり、サッカーをしていたり。
でも、今の子供は・・・・〇〇のゲーム
この場面だけ見ると
「今時の子供は…」そう言われてしまいます。
けど、それを作ったのはだれ?それを与えたのはだれ?
ネット上での悪口をしてはいけない!そんな事を言っているけど、そんな物を使わないといけない世の中にしたのはだれ?
そうなんですよね。
子供のやっていることだけを切り取ってみてしまう大人たち。
変えてしまったのは、この世の中なんですよね。

人間は凸凹があって当たり前。
子供達だってそんなんです。出来ない事があってもいいんです。
でも今の子供は何をするにも始めから
「できな~い、無理~」そんな言葉が出て来るそうです。
やってもいないのにね!
乙武さんは始めから諦める事が嫌なタイプだそうです。
教師になって体育の時に水に顔をつけられない子供がいて、どうにかして顔を水につけれたらラッキーだな!そう思っていたそうです。でも泳げない自分が
「ガンバレ!」って言うのも説得力がないし・・・。
乙武さんは泳ぐことが嫌いだったそうで・・・。
足はつかないし、顔を拭くことも出来なかったからだそうです。

でも乙武さんは決心をして自らプールに飛び込み、5メートルほど泳がれたそうです。
自分が泳ぐことで、子供に顔をつける勇気が持てたら・・・。
でも、その子供はその年に顔を水につけることはなかったそうです。
しかし・・・1年後、その子供はなんと、25メートルを泳いでいたそうです。
うれしかったでしょうね。


子供はまるでジグソーパズル!
凸の所や凹んでいるところがある。凹んでいるところを凸が埋めればいい。
一人ではなくてみんなが支え合ってそれが完成した時に一つの素晴らしい絵が完成するように
一つのクラスが支え合って行けばいいのだと。

一人一人が素晴らしい存在である事を認めて支えていけばいいのですよね。

講演の後もたくさんの質疑応答がありました。
子供からの質問も半分ぐらいです!
子供は素直!
どうやって車を運転するのか?服の着脱は?等々・・・。
あとは、やはり障がいを抱えた人からの質問。

環境が変わった時にいろんな人からの視線などどうだったのか?など。
でも、乙武さんは、性格が前向きで、自分から人の中に入ってくタイプで嫌な思いを感じなかったそうです。
人によってはそれができないタイプもある。
だからと言って焦ることもない。無理をしないで自分らしく!
ゆっくりでも必ず自分を分かってくれる人がいるから。


乙武さんの講演を聞き、障がいに関係なく、自分がどう生きていくか!それ次第の様な気がしました。
生きるって自分次第なんでしょうね。

あっ!そうそう!
忘れてましたが、乙武さんがおっしゃった一言で印象に残った事。

自分は言い訳をしようと思えば、いくらでもある。「手が無いから・・・足が無いから・・・」
でも言い訳をしていたら前には進めない。
だからぼくは言い訳をしたくない!と。


娘・お兄ちゃんにとっても何かを感じる講演だったはず!(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

乙武さんは、最近メディア露出は減っていますが、それでもたまに見かけるとそのはじける笑顔に元気をもらうことが出来ます。
彼がこんなに屈託無く笑えるのに、「五体満足」な私は?と思うと情けないですが(^-^;
人は皆凸凹が合って当然。
それが身体的でも内面的でもですよね。

前回は体調不良で中止になった講演会ですが、
改めてちゃんといらしてくれたんですね~。
人間性の良さを感じます。
講演会場の段取りが違うからと、講演を当日ドタキャンして
帰った何とか先生とは違いますね。
うちの小学校の先生になってくれないかな~^^

お兄ちゃん、お姉ちゃんには
インパクトのあるお話や先生だったのでしょうね・・・

こういう方のお話ってあまり聞くことができないから
うらやましいなぁ~

「五体不満足」読みましたねー。まだ持ってます。
乙武さん自身すばらしい先生に恵まれてましたよね。
やはり自身の体験談などは説得力がありますよね。
私も聞きたかったなぁ。

花里さんへ

そうですね~。今はメディア露出は少ないですね。やはり教師となると忙しいのでは・・・。現在小学4年生を受け持っていらっしゃるようです。
乙武さんにであって、人間の生き方には、障がいは関係ないのかもしれない!そう思ってしまいました。
「障がいである事は不便だけど、不幸ではない」そうおっしゃっていること。
生き方一つで、考え方で人間は違ってくるのでしょうね。

高橋さんへ

前回は入院されたみたいです。
こんな先生、近くにいてくれたらなぁ~、そう思いますよね。
いろんな辛い経験されてきた人は、同じ立場の子供の気持ちを読みとることができる。
だから、子供達も分かってくれる先生が側にいる。そして見守って、アドバイスを・・・。
側にいるだけで自然と元気が出てくるのかもしれない。そんな先生なんでしょうね。

gucha さんへ

娘は聞きに行きたい!そう言って「五体不満足」を前もって読んでいました。
お兄ちゃん、訳が分からず、付いてきたのですが、
話にのめり込むように聞いたましたよ(^^)
「すごい!」と感動してました。
子供達の中で(特にお兄ちゃん)こんな人が頑張っていたなぁ~!そう思いだして自分のプラスに将来なってくれたら・・・。

yuyuhaya さんへ

乙武さんの周りの環境がよかったのだと思います。
乙武さんが生まれて、子供を見た時に母親の初めの言葉。
「まぁ~、なんてかわいいんでしょう」
すごいですよね。
まわりの人は、精神的ショックを考えて、色々配慮されていたようですが、それを覆す言葉。

是非、機会があったら聞きに行ってくださ~い(^^)

Ncik Vujiciciさんを知っていますか

はじめまして。オーストラリアにも乙武さんのような身体で生まれてきた方で 素晴らしい働きをしている方がいます。ぜひ動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=oOHD8OqBVYs

初めまして!

コメントありがとうございます。
ニック・ブイチチさん、知りませんでした。
Panfluteさんからのご紹介で、ニック・ブイチチさんの動画を早速見せた頂き、感動しまくりです。
素晴らしい。
障がい者であるニックさんとしてではなく、その生き方に感動してしまいました。
いろんな苦しみを味わい、そこから得たもの、これは本当に神からの使命と言うべきものの様な気がしました。
ニックさんが言われていた、転んだ時にどうするのか、あの映像を見た瞬間に、人生そのものだと思いました。

我が子にもこの映像を見せましたが、乙武さんにも感動していた娘が、何にでも挑戦しているニックさんにまた、何かを感じ取っていたようです。
こんな素晴らしい動画を紹介して頂いてありがとうございます。
今、いじめなど、いろんな問題があります。いじめられている子、いじめている子それぞれ思いは違うけど、お互い“自分の生き方”というものには共通する悩みはあるはずです。
素晴らしい生き方を見せたいと思いました。
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。