05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ?

発達障がい児を持つお母さん友達との話です。
子供は1年生。情諸クラスです。お姉ちゃんは4年生。
そのお姉ちゃんから「登下校の時や色々、〇〇に6年生の女の子が『おはよう!』と言ってわざと〇〇の『おはよう』と言わせて楽しんでいるのを何回も見た。また、一人の子が〇〇を“バシッ!”と叩いているところを見た」そう母親に言ってきたそうです。
〇〇君は、いつも大きな声で「おはようございます」など元気に挨拶をするそうです。ただ、先生から「元気よく大きな声で挨拶をしましょう」そう言われているので忠実にやっているのです。

それを面白がってわざと言わせているようです。
〇〇君は叩かれると「やめて!」とは言っているようです。でもお姉ちゃんからしたらそれを見ているのは切ないですよね。
名前も分からない状態。お母さんはどう対処すればいいのか悩まれています。

6年生。学年によってカラーが違いますよね。どうも大変みたいなんです。
だから先生に相談してよい方向に行けばいいのですが下手したら、先生の対応次第で、いじめに繋がる可能性も。お姉ちゃんの事も心配。告げ口をした!そう取られてしまう可能性も。

友達には、一応、先生の方にもそう心配していることも含めて相談した方がいいよ!と。

帰ってきて、その話を子供たちにもしました。「どう思う?」
娘・・・「それはただ面白がっているだけでいじめだと思う」
そうだよね~。

その時に思ったのですが、子供達は興味からやっていることで、でも、その行為が悪い事とは思っていない。
恐いなぁ~と思いました。
その子たちは一人では絶対出来ない事。複数だからやってしまうのでしょうね。

娘が6年生の時に支援クラスの障がいの子の所にちょっちゅう、遊びに行っていました。話しかけたりすると楽しい!そう言う思いで。可愛い!そう言ってたかな!面倒をみてあげたり・・・。

どの子も興味から始まるのでしょうね。その方向性が違ってくるといじめとかに繋がってくる。
娘にもその方向性を間違えないでほしい事を話ししました。


学校で私が知らないところで天使はどうなんだろう?
お兄ちゃんに聞いてみました。
「天使をいじめたりしている子はいないかな?」
お兄ちゃん  「前に1・2回、天使に子供が『喋ってみて!』と言っていた事を見た事がある。でもすぐに『もういいよ!』と言ってたけどね」

そんな事を聞いて“えっ!”と思いました。
すると横から娘が
「あ~、でも小さい子だったら天使がしゃべらない事を不思議~!と思って聞くと思うよ!だからこれは自然なことなのかもしれない。これが6年生や私たちみたいな年齢でやっていると問題だけどね~」
は~~~~ぁ、そうか~!
そう考えたらそうだよね~。

そこからが大事なのですよね。いじめに向いて行くか・・・。
お兄ちゃんに
「もし、そうやって天使が酷くいじめられたりしてたら助けてあげてね!言えなかったら(言えても)先生やお母さんに教えてよ」
お兄ちゃん「分かった!」
天使にも「嫌なことあったらちゃんと教えてね」
天使「うん」
天使はそれほど気にしないのかもしれないけど。

昨日の記事で先生が天使に「言葉で教えてくれないと分からない」そう言って天使に喋るきっかけを作って下さっている事。そのことで、子供達が同じように真似をしてしまう可能性があるかもしれません。子供は大人の真似をしますからね~。
ちょっと気にかけておきます。


先生や親でも分からない事がたくさんありますよね。
子供の世界。
難しい~。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

そうなんだよね…
実は私も昨日の記事読んで担任の先生の言葉が気になってたんだぁ…

子供の可能性を信じて接して下さっている姿勢はとても有り難く素晴らしいと思う

だけど、どんなに頑張っても引き出しが引き出せない子供もいる。

もし大好きな先生に喋らなきゃ突き放される
というような受け取り方を天使君がしているとしたら…
それで必死になってたら少しかわいそうな気がして…

話せなくたって方法は1つしかない訳ではないし、そんな方法を使う子供もいるって事を他の子供達にも教えてほしいよね。
焦らず、話してくれたら嬉しいなぐらいの気持ちのゆとりは持っててほしい…。

ほんと子供達は大人の接し方みてるからね。

burumanさんへ

ありがとう!
こんなアドバイス、嬉しい。
うん、先生は今までやはり天使の反応をよく見ていた下さっていたんだ。

幼稚園でもそのやり方で天使はうまくやっていけてたの。今がどうか?それは分からないけど。
毎回ではなく、様子を見ながら・・・。
天使はその後のフォロー次第の様な。
家でも始めはそれからだった。(家と外では違うけどね)
言葉を出してその後に褒められる。
これは本当に慎重に様子を見ながら・・・。

先生も何でも天使に聞き、天使が自分の意思で行動できるようにして下さったり。


一番大事なことはやはりburumanさんが言うように、
>話せなくたって方法は1つしかない訳ではないし、そんな方法を使う子供もいるって事を他の子供達にも教えてほしいよね。
焦らず、話してくれたら嬉しいなぐらいの気持ちのゆとりは持っててほしい…。

それを先生が頭に入れていてくれれば、そして子供達の反応を見ながら・・・。

私もこんな事言っているけど、分からない事だらけで、天使と向き合って行きながらその中で道を選んでいくしかない。焦らずにね~。
こんなアドバイスを貰えると勉強になる。
先輩ママだもの。頭の真中に置いておきます。
アンテナを張り巡らして・・・。


burumanさん、無理しないでよ~(^^)
今は体が一番!

『子供は残酷ですからね』
夢りんが6年生の時、普通クラスの担任に
言われた言葉です。
そんなのこっちも分かってるんですけどね^^;

5・6年生の女の子はどこも色々
あるんじゃないでしょうか?
彼女達もそのストレスを弱い子に
向けてるのかもしれないですね。

>そこからが大事なのですよね。いじめに向いて行くか・・・。

幼稚園や1年生から障害のある子と接してきた子供達と、
中高学年で初めて障害のある子と接する子達では、
受け止め方や対応にとても差があると、
実体験から感じています。
5.6年生にもなれば、やっていけない事、
言ってはいけない事くらいは分かってるのに、
分かっててやってるから性質が悪い。

相手の立場に自分を置き換えて考えれば
絶対に出来ない事ですけどね。
それを分かってわってるんだから、
末恐ろしいです。



難しいところですね。
その子たちにはいじめの意識はあまりないと思う。
ただ、面白がってる、ましてたたくというのは
やはりいじめになると思うので
junmamaさんのいうように
先の心配も含めて先生に相談した方がいいと思います。
6年生くらいの時期はいろいろあるからね・・・。

最初はちょっとした興味、好奇心。
それが複数あつまることでいじめにつながっていってしまうのよね。

先生の天使くんへの対応も
負担にならないか(天使くんの)も含めて注意して見て行ったほうがいいね。

そうですよね~、子供の世界は微妙に難しい。

さっきまで「味方」だと思っていたのになんの前触れもなく突然「敵」になったりしますからね~<怖っ

でも、先生とはよく連絡取り合って、様子を見ていたほうがいいかもしれませんね~。

私が小学校のとき、今でいう支援学級があったんですけど、ひどいことにその子(当時4年生くらい)がみんなに言われたとおりの事をする(とっても素直で純真なんです)ので、だんだんエスカレートしていって、校庭にいた「イモムシや毛虫」を枝にのっけてきて「食べろ」と言われて、本当に泣きながら食べていました。あれを見てすごく悲しくなって、でも何にもすることができなかったことを覚えています。

ここまではひどくはならないと思いますが、がっちり学校や先生と連絡や相談をしていったほうが天使君にはいいかもしれませんね。

私は、ふしぎちゃんの時は1年生から2年生の途中まで毎日学校へ歩いて迎えにいって、先生と話したり、下校途中の子供たちと話したりして一緒に帰っていました。効果絶大?!だったかも知れません。<自己満足です。すみません(^_^;)

叩くのは論外だけど、わざと挨拶させるって言うのは悪いとは思ってないかもしれないですね。
集団だからよけいに増徴してしまう場合もあるし、早めに相談した方がいいかも。

いじめの意識はないのかもしれませんが、
それがいじめだと早く気づかせてあげないと
いけないのかも・・・

言葉のやり取りが強制的では
楽しくはないですから・・・
本人が興味があること、好きなことで
楽しい雰囲気のなかで
体験できたらいいのにね。

いじめですか。

最近は増えているみたいですね。
いじめをみている人は、どう思っているのでしょうか?
そしてその人はどのような行動をするのでしょうか?
それが分かれ道です。

いじめはいじめ、そういう認識があろうがなかろうが・・・、
気付かせてあげられるのはやはり大人だと思います。
面白がったり、叩いたり・・・不愉快な光景ですよね。
小さな事でも見逃さず、相談された方が・・・と思います。
結果的に双方が傷つく前に。

おはようございます^^

御無沙汰して
すみませんm(__)m

とっても難しいですね

いじめって

面白がってさせている
とっても悲しいことですね

でも、されているほうの痛みは
しているほうには気づかない

こういうことを
わからせてあげる
この部分は
とても難しいですね

私はその現場をみてしまうと
感情的になってしまって
いじめた子を
とてつもなく怒って
逆にいじめになってしまいそうです

冷静に判断して
対処してあげる

大人でも難しいことですね

すみません
なんだか
余計難しくさせてしまいましたね

本当
日々こういったことなく
笑顔で過ごせたなら
最高なんですけどね



家の次男も小学校でいじめにあっていました。
先生の受け止め方次第で対応が全く違ってきます。

次男の場合は先生が軽く思っていて、注意した→謝った→解決と受け止めていました。

全然解決していなかったんですけどね。
後でたまたま偶然私が気づいて…
今次男が抱えている学校に対してのトラウマの原因の一つです。

子供は純粋だけに残酷な事もあります。
自分の子供のことは自分で守るしかないと私は思っています。

早めに手を打ったほうが…
私個人の意見ですが。

高橋さんへ

私もそう思います。障がい児に接してきたかどうか、経験によって大きく違ってきますよね。
小さい時はいじめと分からずに接してしまう。それをいじめと教えてあげなければ、気付かずにそのまま大きくなってしまいますよね。
でも6年生になってそれが悪い事分かっているのか・・・。分かっていてやっているのなら考えものです。
そんな環境がなくなって欲しいです。

海のいるか さんへ

障がいについて分かってもらう事、それは確かに興味を持つことから始まるのですが、その方向性が違ってくるといじめに繋がる。
そこで大人の指導が重要視なんですよね。
心配も含めて学校側に相談しないとね!
立ち止まってては何も進まないでしょうし・・・。

天使の事も一度、担任に話す機会を設けて密にやって行こうと思います。
慎重にね(^^)

おもこさんへ

イモムシや毛虫??
え~~っと思ってしまった。
子供の世界は分からない!
ふしぎちゃんの件、とても良い事だと思います。
親が学校に行くことでいろんな情報が入ってくるし、対処できるんですよね。
そしていろんな子と友達になれて、我が子も安心する。
効果絶大!!ですよ(^^)
私も出来るだけ学校に出向かなければ・・・。
それと仲良しお母さん、学校関係者と仲良くなるのもいいですよ。

yuyuhaya さんへ

そう!
わざと挨拶させるって言うのは悪いとは思ってないかもしれない。
だから教えなくちゃいけないんですよね。
その教え方も考えなくっちゃね(^^;)
頭ごなしに責めても反発してしまう年頃。
愛情を持った教え方で。

集団ってところが恐い
みんなでやれば恐くない。
そして、おそらく、集団でもその中で「〇〇がしていたから恐くて言えない。」そうやって自分も加わってやっていた事を人のせいばかりにする。そのリーダー的な子は傷ついてしまう。やっている事は多かれ少なかれ一緒なんですけどね。

gucha さんへ

いじめの意識、そうなんですよね。
分からずにしている事、教えてあげないといけない。
その中でも分かっていても集団になると言えない事もあるでしょうし。
発達障がいの子は初めはいじめと分からずにいることも。
エスカレートする前に対処ですね。
楽しい雰囲気で過ごせるように。

まぁち さんへ

いじめ!ホントに増えてますよね。
いじめを見てどう思うか、それが分かれ道。ホントにそうだと思います。
集団でいじめて、仲間に加わった子は〇〇が恐くてやってしまう。そんな事をいいわけで言いながらも、いじめていた子の悪口も言っているのにいじめのリーダー的な子のせいばかりにしている。そして陰ではそのリーダー的な子の悪口も言っている。
本当はそんな子たちの方が一番いじめているのかもしれません。

どんないじめも許す事は出来ない。
いじめているのをどう思うか、そしてそれを何かの形でやめさせるようにしなくては。

fightmamaさんへ

友達の子供の事とは言え、聞いていても腹立たしく我が子の事のように思えます。
不愉快な光景ですよね~。
そう、こちらだけでなく、相手側も傷つくんですよね~。
天使と同じ学校なら状況が分かるのですが友達のところは別の学校。
でも、早めの対処が必要ですよね。
いじめている事に気付かせてあげなきゃね!

sus440c さんへ

お久しぶりです!
私もご無沙汰してしまって・・・すみません(^^;)
いじめ!ホントに難しい。
私もその場でいじめの光景を見てしまうと感情的になってしまいますよ!
でも思うのは今は昔と違ってこうやってその場で怒る人がいない!教える人がいないんですよね。
怒ってもらえるって事はその子の将来を考えている事なんですが、今の親はその事に文句を言ってくる。だから子供が反省出来ないんだと思います。
親が、守り過ぎて子供に経験させていない。すぐにいろんな人の批判を子供の前でしてしまう。親が介入し過ぎてもいじめに繋がる。
しかし、悪い事をしている時は別ですけどね(^^;)

みんなが思いやりを持って笑顔で過ごせるようになったらいいですね。

エンジェルキャッチさんへ

私もそう思います。先生次第。
頼りになる先生はお互いうまくいくように配慮して下さるのに・・・。なかなかそれが。
>注意した→謝った→解決と受け止めていました。
その後が一番肝心なところなんですよね。
アンテナを張り巡らしていないともっと深刻な事に。
エンジェルキャッチさんも次男君も辛い経験をされたんですね。
そこから学ぶことも沢山あったのでしょうね。
早めの対処!私も同じ思いです。友達には再度、アドバイスをしました。
うまく行く事を願っています。
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。