06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母として

天使が、ディサービスを利用して保育所の中にある療育施設〇〇園に通っていた時の話です。
ここの〇〇園は、家からは車で20分程の所にあります。
普通は、みんな、近くの幼稚園などに子供を通わせるのですが、まぁ~、車でそんなとこにまで通うのは天使ぐらいでしょうね。
私の中で、まだ、カミングアウト出来てない!そんな中で〇〇園に通っていました。
〇〇園に近づくと、私の心の中で
“誰かにここに入るのを見られたら・・・・”

それに、ここは散歩する事が多かったのですが、車通りの多いメイン道路を歩かないといけないんです。
その時も
“誰かに見られたらどうしよう!”
そんな気持ちでいました。自然と早歩き!   帽子は必需品! 深くかぶり・・・。

そんな自分が、嫌で嫌でたまりませんでした。でも、自分でどうしていいのか分からずに・・・。

天使が年長の時。
支援クラスに入れようと思いながらも、でも天使は、支援クラスに入れても特に何も思わないだろう!
心配なのはお兄ちゃんでした。天使と同じ小学校に通うわけですから・・・。
天使の事で “ いじめ ”られたら・・・。それに耐えられるほどの精神力があるか?!
ホントに心配で・・・。

まずはお兄ちゃんに聞いてみよう!
「天使が、支援クラスに入るかもしれないけどどう思う?」
お兄ちゃん ・・・・皆さん知ってらっしゃいますよね(^^)
        「支援クラスだろうが、普通クラスだろうが一生懸命頑張ればいいよ!」

ホントにその言葉で救われ、また、教えられました。

私は、自分の事しか考えてなかった。〇〇園でも、天使がどう思われるか!ではなくて、自分が天使に対して偏見の目で見ていたんですよね。だから、知り合いから見つかるのが恐かった。自分を守りに入っていたんです。
それに、支援クラスに対しても・・・。天使が支援クラスに入る事で周りの反応が恐かっただけなんです。
自分では、偏見はいけない!なんて分かっていても、自分がやっている事は、天使に対して、特別な目で見ていたんです。
親として天使に 「ごめんネ!」と言いたいです。

今は、支援クラスに入っているわけですから、みんなが天使の事を知っている。私の中で、カミングアウトできた。
いぇ~、お兄ちゃん、お姉ちゃんの作文で、教えられた!そして天使という存在で・・・。
子供達からカミングアウトする事を教えられたんでしょうね!

今まで、天使の事を隠したい!そんな気持ちが少なからずあった時と比べて、自分がすごく楽になりました。何も隠す事ないんですもの・・・・。
自分は間違ってない!これは恥かしい事でも何でもないんです。
堂々とした態度でいればいいんです。
それは分かっているけれども、勇気が無かっただけ!
勇気を出す事で、天使もいっぱい成長出来ていると思います。

隠す事で、偏見の目が他の子供に植えつけられる事もあるような気がします。
私が、それを経験してきた事だから・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

誰もが通り抜けてきたことなのかもしれませんよ。

お兄ちゃんの素直な心いつまでも
そのままでいてほしいです(^^)

No title

苦しかったですね。
人にバレやしないかとヒヤヒヤする自分と、そんな事して子供に申し訳ないっていう気持ちが交叉して。
他人が偏見の目でみるのを非難しながら、自分もそうだったという経験は私もあります。
きっと誰しも通った道なんでしょうね。

No title

私も次男の入学時に悩みましたよ。

長男と同じ学校に入れてもいいのかと…

自分の子を自分で差別していたんですね。無意識に。

でも長男は他の子に次男の事を聞かれても、『しょうがないだろ!病気なんだから。』って答えていたようです。
子供の方が大人ですね。

誰しも通る道だと思います。

こんにちは

とてもお気持ちがよくわかります。大変な時期があったのですね。
でも素敵なお子さんに救われましたね。
もっともその素敵なお子さんはjun mamaさんが育てられたわけですが…。
心に残るお話でした。

No title

junmamaさん辛かったでしょうね、きっと最初に乗り越えなければならない事がこういう事なんでしょうね。あるがままを受け入れるという事は大変な事ですよね。
何度聞いてもお兄ちゃんの言葉は泣けてきます。

素敵な子は、素敵な親から

素敵なお兄ちゃんですね。
そして、その素敵なお兄ちゃんを育てたのは、junmamaさんです☆
素敵な子は、素敵な親から育ちますもの。

人間ですもの。
色々と、迷いや悩みは、尽きません。
でも、junmamaさんの道は間違っていないと思います。

gucha さんへ

そうですね~。だれもが通り抜けて来た事。
避けては通れない道なんでしょうね。
そして親として成長していくのだと思います。
これからも苦難の道かもしれないけれど、一つずつ乗り越えて、幸せに変えれるように頑張らなくては~!

yuyuhaya さんへ

この時期、ホントに自分自身が苦しかったように思えます。天使がこんな事も出来ない!凹む事も多かった時期。自分の子供に対して何処かで差別して、自分との戦いだった様な気がします。
誰もが乗り越えないといけない事なんでしょうね。

エンジェルキャッチさんへ

そうなんですよね。兄弟関係で悩み、その時に、我が子に対して、差別している自分に気付くんですよね。
そして子供に教えられる!こんなに小さいのに大人だなぁ~と感じました。お兄ちゃんに「天使は障がいがある?」と聞きました。するとお兄ちゃん「そんなこと分からないけど、困ってないしね~!
一緒に遊んでて、楽しいもの!」
子供って、ありのままを受け入れているんですよね。

空飛ぶミケ猫さんへ

自分自身が差別はいけない!分かっていたようで、実際は・・・。
これが身内となると、また違った思いに変わるのでしょうね。
本当に意味での自分との偏見との戦いだった様な気がします。
いつもなんですが、子供達に教えられているように思うのです。
子育てって気付きが一番の様な気がします。

fightmamaさんへ

そう~、あるがままを受け入れること。人によっても違うだろうし、また、時期、受け入れるまでの時間もそれぞれ!
それを乗り越えるまで、自分との戦いですね。
その時期が、一番、天使の事でも凹み(どうして、こんな事も出来ないの?なんでしてくれないの?)思うようにいかなく悩んでいた時期ですね。
周りとも比較してしまうんですよ。
今は、完全ではないですが、比べる事なく、天使を見れるようになってきました(^^)

未来への風さんへ

いつも悩んだ時に子供達から助けられているように思えます。

人は悩みながら生きていくのでしょうね。これも誰もが通る道。
悩むからこそ、壁があるから、頑張れる。そして支えてくれる人がいるから乗り越えられるんですよね。
未来への風さんが言われるように
>junmamaさんの道は間違っていないと思います  (ありがとうございます)
この道を通ってきたから今の天使があるんですね。
一つずつ
壁を乗り越えて行けるように・・・。

No title

そんな思いだったんだね・・・
辛かったね
でもね、「偏見、違った目」で接してしまうのは仕方の無い事だと思うの
私達は寒い時どうする?
厚手のコ-ト着たり対策するよね
それでも、寒い時はマフラ-や手袋と、生活しやすい環境や対策はいくらでもできるんだよ
でも、それが思うように出来ない、整っていない環境や理解、理解が薄いから対応できる環境が整わない・・・
これが、悲しい現実なんだもの
自分を責めないで
天使くんは、あたたかい家族に囲まれ幸せですよ~!

burumanさんへ

ありがとう!
う~ん!偏見、違った目。burumanさんが言うように、これが悲しい現実。そう~、私はそれと闘っていたんだよね。どうしようもない現実と。(悲しい現実、変わる事を祈るけど)
今言える事は、カミングアウト出来てから、それが軽くなった事は確か!
今までよりも、天使にいろんな面で前向きに接する事が出来るようになってきたよ(^^)
そして、天使も成長出来た。

温かいコメント、ありがとう!

No title

これは、問題は違えども
不登校の子供をもつ母である私も
通り抜けてきた道です。
自分自身の弱さ。
知らず知らずに世間の目にとらわれている自分。
そういう自分と向き合い、
本当の意味で子供も自分も受け入れられた時、見えてくるものは大きいよね。
本当に大切なもの。
それがクリア―になってくる。
子供の存在が、子供への愛情が
親を大きく成長させてくれる。
私の子に生まれてきてくれて
ありがとう。そう思うよね。

No title

junmamaさん、
子供の障害を受け入れるまでは、
私も同じ気持ちでしたよ。
発達障害が分かってからも、
妙に『うちの子は軽度だから』
『知的障害とは違うから』と
一線を引いていたように思います。

その垣根を取っ払ってくれたのも、
自分の子供、そして
支援学校の沢山のお子さん達なんですよね。
あの時の自分を今はとても恥じていますが、
同じような思いを
こうして記事に出来る貴方も
お子さんと同じ位素敵な方だと
思います。

海のいるかさんへ

ごめんなさい!返事返すのが・・・。ドジな私です。
海のいるかさんのブログで返事させてもらいました。本当にごめんなさいv-436

高橋さんへ

返事ごめんなさい!遅くなってしまいましたね!ドジな私です。
高橋さんのブログで返事させて頂きますね!
本当に失礼しましたv-436
Secre

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。