07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姉ちゃん、頑張れ 2

土日の二日間、お姉ちゃん、最後の中体連、バドミントンの試合に行って来ました。

開会式が終わって、お姉ちゃん達の〇〇中、みんなで円陣を組み、さぁ、いざ出陣!!

この円陣も、選手である子供たちが自ら・・・。
みんなの気持ちが一つになっているの、分かるでしょ❣

声も、体育館全体に響き渡り。

まずは団体戦。
女子はメンバーが4人しかいないので(5人いないと出場できないんですよ)男子のみ。
男子、絶対に勝って欲しい!そんな思いで娘たち女子も応援しています。

お姉ちゃん達は、個人戦のみ、出場。ダブルス。
1日目は・・・Aリーグ・BリーグのBリーグに出場です。

お姉ちゃん・S、今まで頑張ってきた事を一生懸命出していましたよ(^^)
そして、Bリーグ1位で通過ストレート勝ち。

男子も団体・個人戦共に頑張りました。
団体・・・1位です❣
個人戦も決勝進出❣
みんなが県大会出場という目標に向けて、今までの練習の成果を出し切った試合でした。

そして、二日目。
個人戦・・・決勝をかけて・・・。

S・お姉ちゃん。
Aリーグの2位との対戦。
二人とも、お互い声をかけ合い、決勝進出に向けて一生懸命です。
そして、ストレート勝ち!

いよいよ、決勝戦です。
相手は、お姉ちゃん達より上手!
相手に不足はありません。強豪です!優勝候補。
娘たちは、優勝候補なんてもってのほか(^^;)

そうそう!忘れていたわ(^^;)
二日目の朝、Sと娘、女子を集めて、
『あなた達は今までよく頑張ってきたよね。だから自分を信じて❣悔いの残らないように頑張ってね!大丈夫だから』と、声をかけました。

そして、決勝戦前。
Sと娘に、
『楽しんでやりなさい(^^)思いっきり❣悔いの残らないようにね』と。

試合開始!

1セットめ・・・・相手も娘たちも必死です。でもこのセット負けてしまいました。
気持ちを切り替え・・・2セットめ

後がありません。Sと娘の顔つきが真剣です。
でも、お互い声をかけ合いながら。監督も後ろで指示を出して・・・。
Sも娘もコーナーの隅を狙って・・・ナイスコースです!!
ラリーが続きます!
どちらとも必死。
こんなに諦めずに・・・。
気持ちはどちらとも負けていません。
負けていましたが、挽回してきています。
2セット・・・・勝ちました❣

さぁ、これが最後!
3セットめ

選手全員が集まり、応援です❣

会場全体が娘たちのこの決勝戦を観ています。

もうここまできたら両方が意地とでも言うか負けたくない!そんな気持ちだったでしょう。
お互いがミスしたら命取り。そんな感じです。
もう、撃ち合いです。ラリーが続く事!

応援する私とSのお母さんは、もう心臓が破裂しそう❣(^^;)
みんな〇〇中の生徒は同じ思いだったと思います。
男子も、勝って欲しい!同じ1位で一緒に県大会に行こうと!言う思いが伝わるほどの応援です。
一緒に頑張ってきたものね。男子も知っています。団体出場できない女子の気持ちが・・・。
だから、個人戦、頑張って欲しいんです。
一緒に苦難を乗り越えてきた仲間だもんね。

娘・Sの顔・・・真っ赤ですよ。

二人は最後まで諦めずに、ネットギリギリの高さで責めて行きます。そしてコーナーを狙い・・。
これが、今まで監督が教えてきた事。
高く打ちあげてしまうと、相手が有利になる。ネットギリギリの高さでプレーをする。
そして、相手が一番取りにくいコーナーを狙う。
そんな技術を頑張って練習してきたのでしょう。

最後は・・・18対21で負けてしまいました。

でも、私は、感動で涙があふれてきました。そして、みんな頑張った二人と相手のペアに拍手です!
S・娘、あんな強豪に正面から立ち向かい、最後まで諦めずによく頑張りました。

娘とS。
二人とも悔しさで泣いていました。
後輩から慰められて。
泣いていいよ‼
よく頑張ったものね。頑張ったから悔しいんだよね。

後で聞いた話。

相手のペア(小学校の時の友達なんです。)の一人が試合直後に、娘とSのことろに来て

『ありがとう!こんな接戦したいい試合は初めてだった』と。

こちらこそありがとう!

一生懸命さって言うものは、相手の心も動かす・伝わるのですよね。
そう、これも監督が教えた事。
相手に対してのマナー、礼儀。
どんな相手だろうが、自分たちの持っている力を出す事も相手に対しての礼儀。
相手に失礼なプレイはするなと。

強豪ペアをそこまで真剣にさせたSと娘。
頑張ったよ❣
成長したよ(^^)

Sは、『最後のプレーが自分のミスで負けてしまい、私のせいでゴメンね』と娘に言ったそうです。
しかし
娘・・『そんな事言わないでいいよ。たまたま最後がSだっただけで、本当は私だったかもしれないんだよ。自分も、試合中にミスをしていたしね。こんな試合で出来て良かったよ。ありがとう❣』と。

Sも娘も二人で感動しまくっていました(^^)

後は、みんなで記念撮影です(^^)
みんなキラキラ輝いています。

娘の手のひらには、Sと書いた『勝つ!』という文字。
二人の絆は強かったみたいです。

Sのお母さんもみんな男子も女子(女子4人はみんな仲が良いしね)も、子供たちは、部活に行くことが何よりも楽しみにしていたと。


そうそう、娘が中体連前に言っていた言葉。
『自分は、Sとペアを組むようになり、いろんな事を学べたよ。
いろんな相手と組むことは勉強になる。誰にも失敗はあるけど、ミスもするけど、Sも自分もミスしたらお互いが声かけ合って、そして、いいプレイをした時は、その時も声をかけて。『今のは良かったね』と。お互いが信じて安心してプレーできるんだ。本当にSとペア組めて良かった。』と。

それと、後輩からもらった手紙
娘はウルウル!
『私、頑張るね。Mの為にも(後輩)』

そして、終わって帰る時に『今までの練習が辛かった。足は痛くなるし、『いやだなぁ』と思った事も。
でも仲間がいたから一緒に頑張ってこれた。そして今回最後に中体連の会長さんの所に〇〇中みんなで、お礼を言いに言ったんだ。そしたら、会長さんがビックリしてて(〇〇中だけだったらしい)〇〇中みんなが、前回より成長していた事にビックリした』と。あの、きつい練習がこうやって結果となる事が出来たんだなぁと思った。先生の厳しさも今では良かったと思うよ』と。

最後に、他の学校の選手が帰った後も、みんなでトイレ掃除をしていたね。
〇〇中、こんな事が出来る中学。

いつも、自ら気付き、審判もしていたね。掃除も後かたずけも〇〇中はだらだらしなくて進んでやっていたものね。監督がそう教え込んでくれた。
当たり前と言えばそうかもしれない。
厳しさ・・・今まで経験したことは、あなた達の財産です。宝です。
社会に出た時に、きっと、その財産の価値が分かるでしょう。

高校生の先輩も、忙しいのに応援に駆けつけてくれました。
そして、審判も自ら申し出てくれて・・・。
ほとんどアナウンスも全てやってくれた。
そう、中学で、また高校で部活を通して学んだ事。
こうやって誰から言われるわけでもない。自ら・・・。
そして、後輩に受け継がれていく。
本当に後輩の事を思ってくれる高校生先輩。ありがとう❣
そして、その感謝の気持ちを教えていく監督。そして保護者。
それを素直に感謝できる子供達。それがあなた達の財産です(^^)

監督から言われて事を、苦と思うか、頑張ろうと思うか(財産と思うか)それが人生の分かれ目かもね。
きっと財産と思う時が来る事でしょう。
それは、環境次第ですね。



心から思う。

感動をありがとう❣
娘がここまで成長したのもみんなのお陰。
そしてSがいたから頑張れた❣


今度は、県大会❣

これが本当の最後です❣
また、目標が出来たね!
最高の仲間と頑張っておいで!



昨晩は、Sのお母さんも、我が家も最高のでした

お姉ちゃんもね
スポンサーサイト

テーマ : 中学生のママ
ジャンル : 育児

ガンバレ❣お姉ちゃん

皆さん、おはよう❣

今日は早くから起きています

今日から二日間、お姉ちゃん、中学最後の試合なんです。
中体連。

我が校で実施されるので、設営準備に朝、6時から行っています(^^)

最後のバドミントンの試合。

3年間、よく頑張りました。
こんな事書いていると涙が出てきそうなjunmamaですよ~❣

どんな事を娘は学んだろうか?
顧問の先生も礼儀・マナー・いろんな面で厳しかった。
けじめ・・・・ホントに厳しかったなぁ~。
1年生の時は、まだまだ子供で付いていくことで精一杯。

一つ上の先輩が、みんなをまとめてくれて優しく引っ張って行ってくれた。
その先輩がいなくなって、娘たち、大丈夫だろうかと。
しかし、今のメンバーで一生懸命・・・楽しみながら頑張ってきたよね。
知っての通り、ミサンガ作りも必至で作り上げました。他のクラスメートからも頑張ってとミサンガのお守りをいただきました(^^)
昨日の練習の最後にも、部員全員で円陣を組み、今日の試合に向けてみんなが気持ちが一つにまとまり・・・。

お姉ちゃん、最高の部員に囲まれてあんたは幸せ者だよ。
ダブルスも勝つ事だけじゃない。
お互いを信じて・・・。調子が悪い時は、お互い声をかけ合い、切り替えて。
成長したよ!(^^)
お互いが・・・自分自身がどうあるべきか二人ともよく分かっている。
最後まで諦めないお姉ちゃん。一緒に頑張ろうと思う気持ちが二人にはあった。
二人で、励まし合いながら・・・。二人で盛り上げながら今まで来たダブルス。
だから、ここまでこれたんだもんね。

Sのお陰だよ❣Sだったからこんな経験が出来たのかもね。ありがとう。
そして後輩のM。盛り上げてくれて・・・ありがとう❣
男子部員もみんな、和気あいあいと・・・。
部活に行くことが何よりも楽しみだった娘とS。
おそらくみんなです。


この3年間、いろんな事あったけど、今のあなた達は、お互いを助け合い、みんなで一つの目標に向かっているよね。

最後の中体連。
負けてもいいよ!
最高の試合を!
思い出を作っておいで!

あなたの宝となるように!

ガンバレ❣お姉ちゃん。
ガンバレ〇〇中学❣

最高の仲間❣

さぁ~、応援に行ってきま~~~す❣

テーマ : 中学生のママ
ジャンル : 育児

バドの試合

先日の土曜の事、娘はバドミントンの試合でした。

今回はダブルスの試合。
1回戦は、私の高校からの親友Tの娘Sの通う中学校との対戦です。
Tから事前に対戦相手を教えてもらってました。

いざ、対戦です。

1セット

娘とペアの女の子・・・・二人とも緊張なのかミス連続。それでも二人声かけ合って笑顔です。
同校の生徒も保護者もみんな応援です。負けそう~~~(^^;)
お互い、声かけ・笑顔で緊張も解けてきたようです。
15セットマッチでなんとか20対19で1セットとりました。(ジュースになり)

2セット
娘たち・・・二人とも笑顔です。

2セット連取で2回戦進出です❣

後で聞いた話・・・・親友Tの娘Sは、自然と娘の事を応援してくれていたそうです。(ありがと❣)
周りに気付かれる事なくネ

でもね、その相手のペアの子達。
親友の娘Sの近くで、『〇〇中(娘の学校)の対戦相手、経験者にしては大した事なかったよね』と言っていたそうです。

それを言った子は、以前、Sの事をいじめていた子なんです。

娘に
「『〇〇中(娘の学校)の対戦相手、経験者にしては大した事なかったよね』
と言っていたらしいよ!」
と言うと、

何にも気にした感じはなく、さらりと

「それって負け惜しみ?!
そんな言い訳や、人の事を批判するようじゃ、人間としてもそうだけど、バドも上達しないわ~」

娘からこんな言葉が出るなんて~~。
大人を感じてしまいました。
確かに・・・・最近の娘は、諦める言葉もなく・・・。
自分がどうあるべきかを自分自身で反省しているよです。

今回の試合も、お互い声かけ合って、緊張を自分自身で解していました。

3回戦で敗退でしたが、相手が強かった!と言う言い訳は二人ともしていない。
相手がどうかじゃなく、自分自身がどうあるべきか!
なんですよね。

1回戦で二人が声かけ合っていた内容を聞きました。
ミスしても『大丈夫』『頑張ろう』とか
試合の中で相手の弱点をみつけ、それをペア同士で作戦をたて、狙いを定めていったそうです。
相手の動きをちゃんと見れるようになった二人。
そして、諦めない心。

強くなったなぁ~。

子供から教わっている私です。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

子供の力を引き出す事!

10月10日
バドミントンの試合でした。
今回は市の大会(ダブルス)でお姉ちゃん・お兄ちゃん二人とも参加しました。

A(上級者)・B(中級者)・C(初級者)、小学生(6年生・5年生・4年生以下)に分かれての参加。

お兄ちゃん・・・・・小学生5年生の部です(^^;)

2勝2敗・・・・小学生5年生の部で準優勝。
がんばりました。前回よりも少し上達していたかな(^^;)

お姉ちゃんは、参加女子が少なくて、A・B・CのMIXとなりました。

ダブルスのペアも、くじ引きで全く知らない人とペアを組む事に・・・。

ペアの方・・・・上手なんです。いつも声かけをして下さり・・・結局 2敗。予選落ちでしたが・・・。


いつもお姉ちゃんとペアを組んでいる同校・同年齢のSちゃんは、ベテランの方とペアです。

そのベテランのおばちゃん(失礼
すごいんですよ!
技術もそうなんですが・・・・。
Sちゃんに常に声かけをされているんです。
観客席から見ていて、Sちゃんが変わっていくのが分かるーーーーーー!!!
動きが違うんです。
1試合ごとに違っていくの(^^)
顔つきも違う!
生き生きしている。真剣なまなざしで・・・・。

結局、この二人、決勝戦に!!

1VS1・・・・となり、ファイナルセットです。
Sちゃんがミスをしても、責める言い方をする事なく、アドバイスをされていました。
自分がミスをした時には、大きな声で
「ゴメン‼」と。
娘も、そばで応援しています。

勝ってほしいです!!がんばって!!

なんとなんと・・・・優勝しましたよ!!!

私、自分の事の様にうれしくて涙が出てきましたよ。(ウルウル

Sちゃんのお母さんと手を取り合って喜びました(^^)

後で、娘とSちゃんに話を聞きました。

ペアの方からどんなアドバイスを頂いたのか。

「あなた達は、今までいっぱい練習もしてきた。だから、出来るんだよ!自信を持って!あとは、私があなたのその力を引き出してあげるから信じて付いて来てね」

と。

あとは、試合中にほんの少しだけ、アドバイス。

責める言い方じゃなく、ほめながらそして、動き方の指示をその場その場で。等々・・・。

Sちゃんも、お姉ちゃんも、1試合ごとその方のそばに行き、真剣にアドバイスを聞いています。

Sちゃんも今回この試合で素晴らしく成長したと思います(^^)

お姉ちゃんも、今回ダブルスとは??
人との付き合い方・・・どうすべきなのかを学んだようです。

閉会式後にこのペアの方にSちゃんのお母さんと一緒にお礼を言いに行きました。

ペアの方
「今回、たまたまこういう風にペアを組めて良かったです。1試合ごとに変わっていく様子がよく分かりました。子供たちは、今までやってきた事を出しきれずにいるだけでどうやって出していいのかが分からない。ただ、私はその力を出しただけなんですよ。本来子供達が持っている力なんです。自信を持つ事なんです。この子達は素直に私の言葉を聞いてくれました」

考えさせられました。
子供の持つ本来の力を引き出す事。

出来るようで出来ない。

子供を成長させるのも、周り次第なんですね。

お姉ちゃん、今回は負けたけど、それ以上のものを得ました(^^)
お姉ちゃんも終わった後の顔が、生き生きとしていました。

お姉ちゃん
「今回のこの試合で、自分がどうペアを組むのにどうあるべきか。そして、責める事でもない。相手の気持ちを思いやる事が分かった。一緒に頑張っていかなくちゃ、いけないんだよね。」と。


「そうだね。バドミントンだけじゃなく、これは人生にも関係する事なんだろうね」

お姉ちゃん
納得してました。


勝ち負けでもない、1位になる事でもない、
大事な大事なこれからこの子達が生きるために必要な事を教えて頂きました(^^)
ありがとうございます。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

『 普通 』 という価値観

以前にお兄ちゃんの作文を紹介しました。
今日は娘の作文です。

 
              『 普通 』 という価値観

「これがぼくの普通です」

私の心に飛び込んできた言葉です。

手も足も無い先天性四肢欠損症の方の講演を聞き、自分とは違う 「 普通 」を感じた。
彼は、コップの水を普段どうやって飲むのか見せてくださった。
コップを口でくわえ肩まで持って行き、コップを傾け水を飲まれた。
その行動を見た時、私の心の中に衝撃が走った。
私の中では、手が無いのに水を飲むという事は、不便な事だと思っていた。
しかし、彼は自分自身でその欲求を満たしている。
その光景を見て、私の心の中に、一つの疑問が湧いてきた。
「普通とは何なんだろう。普通とは誰が決めているんだろう」
私は、水を飲む時に手でコップを掴み、水を飲むという欲求を満たしている。
彼との違いは、欲求を満たすまでの過程が違うだけである。
その違いは、生まれ持った環境や生活の形によって異なってくるのではないだろうか。それにより、人それぞれの 「 普通 」 という価値観が異なってくるのだと思う。
その 「 普通 」 という価値観は、自分自身が決めているのだと思える。
その違った価値観により 「 偏見 」 という壁が生じてしまう。

 私自身も、先天性四肢欠損症の方の講演を聞くまでは、気付かないうちに心のどこかで、特別な人と感じ取っていたのだろうと思う。
しかし、この講演を聞いていくうちに、彼が先天性四肢欠損症という障がいがある事を忘れていた自分がいた。 私は、彼の何事にも前向きな考え方を持ち、感謝の気持ちをしっかり持って生きている事にすごく感動し、障がいを個性として理解する事が出来たからだと思う。

 人は障がいの有無にかかわらず物事に対する視点を少し変えることで、お互いを理解し合い認めることで接していけるのであろう。

 私の弟は、生まれた時から言葉の遅れがあり、特別支援クラスの小学2年生である。
周りの人からは
「 大変だねぇ 」
とか、弟が話せない事で私たち兄弟が色々な面で我慢している
「 かわいそう 」
と思われがちである。周りの人がそう捉えてしまうのは、自分を中心とした考え方が固定されている事によって、「 普通 」 という価値観のずれが生じてしまうからである。
私の家では、急に環境が変わった訳ではなく、それが自然な状態であり 「 普通 」 である。

 弟が生まれてから、私は様々な事を学んできた。

 例えば、弟は人に自分の気持ちを伝える事が出来なかったが、今では、家族に言葉で気持ちを伝える事が出来るようになった。
弟は、気持ちを伝える事が出来た時、自分の気持ちを分かってもらえたという満足感で、純粋な最高の笑顔を見せる。
私は、その笑顔を見て、弟の気持ちを少しでも理解できたという、うれしさが込み上げてくる。これが私や家族の一つの幸せである。 この一つの幸せを感じる事が出来るのは、弟の存在が大きく影響している。
自分の気持ちを相手に伝える事や、言葉が話せるという当たり前と思っている事が、本当はとても素晴らしいという事を弟から学ぶ事が出来た。

 人は、障がいの有無に関係なく、自分の人生を一生懸命に生きる事で周りの人たちに大きな影響を与える事ができるのだ。

 私の大好きな言葉がある。
「 人は、ジグソーパズルである 」
人には得意なところや苦手なところがあり、すべてが完璧な人はいない。ジグソーパズルのピースのように、凹んでいる所や出っ張っている所があるのは当たり前である。

 先天性四肢欠損症である彼は、手足が無い事で、不便に感じる事はあるだろう。しかし、彼の講演を聞く事で私の苦手な所である途中で諦めてしまうという凹んでいる部分を、少しずつだが、考え方を前向きに変える事が出来るようになった。

 お互いが、思いやる心を持つ事で、一つ一つのピースが重なり合っていく。
一人一人の 「 普通 」 という価値観も、ジグソーパズルと同じように、重なり合って一つの絵が完成した時に、思いやりという形で輝ける偏見のない 「 普通 」 という形が完成するのだろう。

 今、私に出来る事は、自分の長所や短所を見つめ直し、自分をしっかり理解した上で、周りの人の苦手な所を責めるのではなく、相手の気持ちになって行動する事である。

それが、私の人生の第一歩となるであろう。
もし、私が大きな壁にぶち当たったとしても大丈夫だ。
周りで支えてくれる友達や家族、そして弟がいるから。

 

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

お姉ちゃん、バドミントン試合

昨日は、お姉ちゃんのバドミントンの試合でした。
高校生・中学生混合です。

結果???
2勝2敗。

頑張りました。

私・・・・ついつい我が子になると声が出てしまいます

「動いてー!」「サーブ慎重!」 「いいよいいよー!」 「がんばれー」 

「ねばってーーー!」 「よっしゃ――――!」


いつも娘から
「恥かしいからやめて」って言われてしまいますけどね(^^;)

娘も自分自身に言い聞かせるように大きな声を出しています。

「ストップ!」

「ドンマイ!」

「一本!」

周りにも充分聞こえるほどに。

久しぶりに娘の頑張っている姿をみて、成長したなぁーと感じました。

今までは、すぐに諦めてしまう娘でしたが、試合中にこけてしまい、太ももを痛めながらも勝ちたい!
そんな気持ちが伝わってきました。

高校生(優勝者)には負けてしまったけど、今回の試合で元気を貰った感じです(^^)


決勝戦は、同校の高校生 VS 他校の高校生 対決。
応援にも熱が入りますよね
娘たちも必死の応援です。

応援団は人数は少なかったけど、負けてません!!

フルセットまでいきました。

3セットに入る前に、娘が何やら高校生先輩のもとに・・・・。

何するんだろうと思ったら、スクイズボトル(試合用の水筒)を自ら持って行きました。自分のです。

その光景を見て、あーーーーぁーー、成長したなぁーと。

後で、娘に聞いたら

「〇〇先輩、すでにスクイズボトルに何も入っていなかったから」

バドミントンの試合は、体育館の窓・カーテンを閉め切って行なうのです。

3セットにもなると体力も失うし、汗も半端じゃないんですよ。


同校の高校生、準優勝でしたが、頑張りました!!

昨日は、子供達からパワーを頂きましたよ!!

男子も女子もみんな粘って成長したよ!!

負けてもいいんです。

次にその思いを繋げればね!

頑張れ!娘!

頑張れ!子供達よ!

またまた26日、試合だぞ!!

うるさいおばちゃんは、またまた応援するからね

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

普通って?

先日、娘が私に聞いてきました。

「お母さん、『普通』って何?」


いきなりです。
聞いてみると、乙武さんの講演を聞いて、その話の中で、

「これが、ぼくの普通です」

その言葉に自分と違う普通を感じたのではないでしょうか。
自分の普通。それってなんだろう!そう感じたみたいです。

娘と話をしていると、乙武さんは、手や足が無いけど、でもコップの水も口でくわえて肩にのせ、飲むことができる。自分は、手を使って口まで持って行き、飲むことができる。
そう~、水を飲むという欲求は満たしているんだ。
ただ、その手段が違うだけ!

普通という基準はだれがどう決めるの?
また、そんな疑問がわいてきたようです。

我が家の普通。それは今のこの状態が普通。天使が障がいがあることも我が家にとって普通なんです。
障がい者のいない家庭も、そのままが普通。

普通の基準は、自分の価値観なのではないだろうか。
自分の価値観と違う環境と感じた時が、普通ではない!そう感じてしまう。

そこから、間違った方向に。偏見として見られることも・・・。

クラスでも人と違った事をすると普通とは見ない。
みんながしているから、自分も・・・。そんな考え方で、安心しているだけではないのだろうか。


そんな話をしていると娘が、

「私は、自分の家族が普通ではない!そんな事思ったことはない。天使が生まれてからこれが自然の状態だし、不慮の事故で身体障がい者になった人でも、その苦しみを乗り越えられた時には、それがその人の普通となるんだと思う。
乙武さんが言っていたように、一人一人は輝けるジグソーパズルの一つ。
凸凹があって当たり前なんだよね。自分にも苦手なところ、得意なところがあるもの~。
その凸凹をお互いが埋めていき、パズルが完成した時に大きな普通となるのかなぁ~」


娘の成長を感じたひと時でした。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

大人の階段!

天使とお姉ちゃん、熱も下がり落ち着いて来ましたよ~。
皆さま、御心配をおかけしました

ずっと、家に監禁状態で、ストレスが溜まって来ているようで~~(^^;)

お兄ちゃんが
「ママ~、聞いて~!お姉ちゃんが『うそつき!』って言った!」
お姉ちゃんに聞いてみると
「だって〇〇が 『 三つ網出来る 』 って言ったのに初めは、それとなく出来てたのに、その次からは出来てないんだもん!」 
 お兄ちゃん、三つ網は学校で綱を作るのに習って来たのです。完璧には出来てないんだけど、クラスの男子の中では上手だったらしく、出来ると思ったみたい。
でも、おねえちゃんからしたら、これは三つ網ではない!そう思ったのかな!

親としたら “そんな事で喧嘩しないでよ!”  と叫びたい!

でも、叫んでしまったんです お姉ちゃんにね~(--;)

「あのね~、なんでそんな言い方するの~?○○(お兄ちゃん)は、これで出来ているっておもっているんだよ!あなたの考えと〇〇の考えは違うの!自分の物差しで考えないで!それに、言い方を考えなさい!」

お姉ちゃん、反抗的!
それもそのはずですよね~
お姉ちゃんの言い分をろくに聞かず、自分ばかりが怒られたんですものね~。   反省

私、やっちゃった~!  自分を落ち着かせ、お姉ちゃんと話をと思い、部屋に行ったら、散らかっている事!      話するどころか、
「何~、この部屋~!どうにかしてよ!怒る為にここに来たんじゃないのに~。」

私、気持ちを落ち着かせる為、寝室に・・・
私も、イライラして悪かったなぁ~。
一時して、お姉ちゃんを呼びました。 

無言でお姉ちゃんを抱きしめました。
すっごく、落ち着いて・・・・・

「こうやって、お姉ちゃんを抱きしめると凄く落ち着くなぁ~。あなたはお母さんの安定剤だね(^^)
凄い力を持っているんだね!ありがとう!

          そして、さっきはあんなに怒ってゴメンね!」

それから、みんなが落ち着いたように笑顔になりました。
お兄ちゃんが、嬉しそうに
「おねえちゃんから手紙を貰ったんだよ
見せてもらいました。
内容は
     “〇〇(お兄ちゃんの名前)、さっきはゴメンね! 後でお姉ちゃんの部屋に来て~”

お兄ちゃん・・・・・・・「おねえちゃんが、三つ網の仕方を教えてくれたよ(^^)」

そして、夕御飯を食べる時に
おねえちゃん・・・・・・「お母さん、今日は、ゴメンね!」
私・・・・・・・・・・・・・・・「なんで?」
おねえちゃん・・・・・・「今日はどう考えても私の言い方が悪かったもの。」
私・・・・・・・・・・・・・・・「お母さんこそ、ゴメンね!
              でも、お姉ちゃん、凄いね!自分から『ゴメンね』って言えて!
              大人のお母さんでも言えないよ!成長したね~!」

最近、お姉ちゃんが一歩一歩、大人の階段を昇り始めているように思えます。
親として、負けてはいられないですね!   共に成長しなくては
子供から教えられてます! 

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

娘の言葉

最近、娘と話すきかいがあって・・・その話をお話しますね~!

どうしてこの話になったかは、思い出せません
あ~ぁ、年を感じる~。

天使が、2歳になった頃、発達障がいの診断が出ました。
私たち夫婦は、目の前が真っ暗になりどうしていいのか分からず、ホントに光がさしてきてなかったんですね~。
ご飯も食べれない、でも食べなくっちゃ~!そんな気持ちでいました。
会話もなく・・・

ホントにボ~ッと天使を眺めているだけ・・・・
頭の中は、天使の事でいっぱい。
障がい、障がい、障がい・・・・・・・
この事ばかりで、ホントにどうしていいのか分からずに。

その時に一つの言葉が耳に入って来ました。
それは

「パパ、ママ~、私の方を向いて~!」

私は、ハッ! としました。
それは娘の言葉。
その言葉が、私と主人の気持ちを動かしたんです。
私たちの子供は、天使だけではない!
お姉ちゃんとお兄ちゃんがいるんだ!
ボヤボヤしているわけにはいかない。
まだ光がさしてないけど、動かなくっちゃ始まらない!

いろんなところに行きましたよ~。
そしたら、仲間がいた~、そして光がさしてきたんです(^^)
自分も気持ちが楽になり。

でも主人はまだ苦しんでいました。
後で聞いた話ですが、自分は男だし、泣くわけにはいかない!
家族を守らなくちゃ!
そんな思いで、一人で自分の胸の内にしまってたようです。
でも、職場では誰もいないところで男泣きしてたのかな~。
そんなパパなんですよ~。
でも、どうにも出来なくなり、自分がどうにかなりそうだったって!
職場の上司に相談したそうです。実は病院の院長に。

知り合いの、専門の先生を紹介して頂きました。

人間って、話を聞いてもらえるだけでも気持ちが楽になるんですよね~。


そんな話を娘にしました。
そして娘に
「お父さんとお母さんは、あなたの言葉が無かったら今の私たちは無かったかも!
あなたが、気付かせてくれたんだよ~!
ありがとう!ホントにありがとう!」 って。

娘は、覚えてなかったみたいです。
だって、2年生ぐらいの時ですものね~。

その後に娘が言った言葉は
「お父さんはさぁ~、私が命に関わるような病気になったりしたら、どうなるかなぁ~?
おそらく、私の前では普通にしてるけど、本当は壊れそうにおかしくなるだろうね!」

そうだろうね~!

私  「あなたが、お嫁に行く時は、どうなるんだろう?(^^;)まだまだ先の事かも知れないけど。
    いっぱい泣くんだろうねぇ~」

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

思春期の娘達!

先日の日曜に娘のバドミントンの県大会に行った時の事。
私の高校の時の親友Tに会ったんです。
Tの娘も、学校は違うけど、娘と同じ中学1年生。
バドミントンをしてるんです。

なんという偶然!

色々話をしていると、やはり思春期と言う問題に・・・・
我が家の娘も色々とあるのですが・・・
Tの娘Sの学校での話。

女の子の話の中で、自分の親の事を

「うざいよね~!きもい!」

そんな言葉が出てくるらしい。Sは黙って聞いていたみたいですが・・・
Sは、気が強い方でもなく、優しい子なんです。

でもその後の言葉にSはビックリして母親Tに帰ってから話をしたみたいなんです。
そのビックリした言葉は
親の事を
「死ねばいいのに・・・」

それを聞いたTはビックリ~。
冷静になってTはSに聞いたみたいなの。
T・・・・・・・・「Sはお母さんの事をどう思う?」
S・・・・・・・「う~ん、お母さんに怒られた時とかは、『うざい!』とかは思うけど、
           『死ねばいい』なんて思わないよ」
T・・・・・・・「そうかぁ~」

私もそれを聞いてTに
「Sが言った事は、正直な事だと思う。だれだって怒られた時には、『 嫌だなぁ 』と思うじゃない!ただその時だけの感情でそう思うだけで、その後は何にも思ってないよ!それにお母さんにそう言えるってことはお母さんとの信頼関係が出来てるから言える事なんじゃない!お母さんの事を信じているんだよ(^^)」

私も娘がどう思っているのか心配になってきました。
家に帰って、寝る前に(一緒に寝たりしてるんです。これがお互いゆっくり話せて、娘とのコミニュケーションが取れるんです)聞いてみました。

母・・・・・「ねぇ~、お母さんの事どう思う?“うざい“とか“きもい”とか・・・・・」
娘・・・・・「時々、“うざい”とは思う!“きもい”は思わないなぁ~。」
母・・・・・「どういう時に“うざい”って思うの?」
娘・・・・・「怒られた時!」
母・・・・・「お母さんなんかいなければいい!って思った事は無い?」
娘・・・・・「それは無いね~!」
母・・・・「お母さんの事好き?」   すみません(^^;)ストレートすぎて・・・・
娘・・・・・「お母さんの事嫌いだったら、一緒に寝たり、お風呂に一緒に入ったりしないよ(^^)」

そうだね~(^^)   娘~。こんなこと聞いてゴメンねぇ~。
中1にもなって~と思われるかもしれませんが、今まで娘は、いろんな事で長女として我慢もしてきました。この思春期という、大事な時期!
今までの分を取り戻すかのように、娘との時間を大事にしてます。したい!と思っているのかな!
娘が、我が家が一番落ち着く場所であって欲しい。
そして、いっぱい愛情を注いであげたい。
これから先、いろんな壁にぶちあたる事でしょう。
その時に一番、土台となる家庭の基礎をしっかりと固めておかなくっちゃ~。
土台がもろいと、何もかも崩れ落ちてしまうんです。
しっかりとしていれば、傾きかけても、修正する事が出来る!

だから娘に家庭となる土台で見守ってあげたい。
いつでもどんな時でも、あなたの味方である事を・・・アピールし続けたいです。

娘に、以前に話した事。

「お母さんも、あなたが悪い事した時は “もう~!” と腹も立つ! でもどんなあなたでもかわいくて仕方がないんだ!(^^)あなたの為なら、どんなことでも出来るよ!どうしてかは分からないけど・・・
それが親なのかもしれない! あなたの人生どんな人生でも見守っていくつもり!いつでもあなたの味方!」

娘といろんな事を話してます。やはり、コミニュケーションは大事です!


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

娘の事

娘、今日から1泊2日で、部活の宿泊合宿に行きました。
学校を6時発  学校のバスに乗って~~!

前にも書きましたが、娘との交換日記!続いてますよ~
娘との交換日記  こちらをクリックしてね~ 
       「最近、始めた事!」

学校の事、色々書いてくれてます(^^)
娘と二人で話す事も多くなってきました。恋愛についてとか~、学校での出来事、楽しい事も嫌な事も・・・少しずつ書いてくれます。(話もね

先日、娘が、何気なく言った一言!   

「お母さんは、天使が一人いればいいじゃない!?」

私は、ショック! “え~っ!”  つい娘に
「なんでそんな事を言うの!ショックでたまらない!こんなに〇〇の事好きなのに・・・子供3人いてだれが1番なんてつけられない!」
涙が止まりませんでした
無言でリビングに行き、PCに向かい・・・気持ちを抑えようとしても涙が・・・・
娘が来て  「ごめんなさい!」
でも、私は、必死で涙をこらえるだけで・・・「いいから、早く寝なさい!」
しばらくしてようやく落ち着き私も、ベッドに・・・・

次の日、ぐっとこらえて、何も無かったように。
日記に、「昨日はごめんね!お母さんは、天使だけが好きなわけではなく3人とも大好き!順番なんてつけられない。みんな宝物! でも〇〇にそんな思いさせたのかと思うと・・・・
ゴメンネ!という気持ちでいっぱい。
でも、お母さんは、〇〇の事が大好きな事、分かってもらいたくて・・・ちょっと悲しくなってきたんだ!心配かけてゴメンね!天使は天使、○○は〇〇、3人の子にそれぞれ愛情を注いでるつもりなんだ!
今は、〇〇には分からないかもしれないね。大人になって子供が出来たら分かるのかなぁ~。
もっと、いっぱい甘えてきてね!(文句も!)その方がお母さんも嬉しいから」

次の日、娘の日記!
「お母さん、ゴメンね!   最近、嬉しかった事  お母さんは、私の事も好き!って事が分かった!」

嬉しくて~嬉しくて~!

パパさんから後で教えてもらった事。
私が涙をこらえ、リビングに行っている間、パパさんが娘に伝えた事。

「お母さんは、いつも〇〇の事一番気にしているよ!何をしても○○が好きだからこれを食べさせてあげよう!とか、○○の話がいっぱいなんだよ!」と・・・。

ありがとう~パパ!

娘の言った一言、おそらく私に何でも言える・・・気持ちを伝えられるようになったからあんな言葉を言ったんだろうなぁ~!  良い事なんですよね!

先日、心理の先生からお電話をもらい、お伺いする事に・・・・
娘の事を相談しました。

娘は、軽い気持ちで言ったのだろう!悪気はなく、ちょっとお母さんを試してみただけ!思春期という不安定な時期でもある。だれもがそう!
障がい児がいるからではなく、普通の兄弟でも思う事であり、また、誰にでも通る道!
思って当たり前なんです!と・・・・。
障がい児がいるから・・・可哀そうなんて事はない!です。

先生、ありがとうございます!!いつも助けていただいて感謝です

そうですよね~。私も子供のころそんな事、思ったなぁ~。だれもが通る道!
多少の差はありますが、皆さんどうですか???(^^)

今回の事、娘に伝わって良かった~! 親も人間です。我慢ばかりではなく、時には自分の気持ちを素直に伝える事も大事なんですね!

あっ、それと心理の先生から・・・・お母さんが頑張り過ぎると、子供が大人になって、子供が出来た時に、頑張り過ぎて壊れてしまう。弱音を吐く事を出来ない子になってしまう。逃げ道が無くなるんですよね。そして、自分を追い詰めてしまう。
子供の前で、出来ないとか、弱音を吐く事も大事だそうです。

今は、日記以外にも、毎日二人で沢山話をしてますよ(^^)

娘よ、母は、ちょっとさみしいけど、宿泊合宿、楽しんでおいでね




テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

娘の運動会

土曜日は娘の運動会でした。
中高、一緒なので小学校とは、また違った感じで楽しめました。
子供たちが自由に・・・楽しくやってましたよ!!
高校生のパフォーマンスありで・・・
青春!!を感じてきました(^^)
娘は、足が速くないのであまり出番がありません!(^^;)
でも、ダンスが大好き!
自分たちで作り上げた創作ダンス!!
“おしゃれ番長!”の曲に合わせ、創作ダンスの係としてみんなをまとめていきました。
みんなをまとめるにも悩み、自分の意見だけを通すだけではついてこない。一歩引いてまとめる事など勉強になったようです。

写真は、全校女子の浴衣を着ての踊りです。

運動会

青色の浴衣です(^^;)

一生懸命に頑張りました!!



最近の天使

車の中で、後ろに座ってて、カーブで頭を ゴチン!とぶつけたようです。誰も気付きません(^^;)
それなのに
「もう~、だれか大丈夫!?って言ってよ」と、一人で怒っています!
そんな言われても、気付いてないのに~~~!
見ていた時に言ってよ~(^^;)



我が家のワンちゃん・・・・モモという女の子!

モモ

モモは、天使と強い絆で結ばれているみたいです。
強い絆?
こちらをクリックしてね(^^)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

最近、始めた事(^^)

わたくし、最近始めた事があるんです!
それは・・・・・交換日記

娘とです
娘は、中学1年生!朝も早い時は、6時40分には家を出ます。
帰りは?部活や塾などで遅くて8時前!
娘と話す時間?・・・疲れて帰ってくるし、話す時間ありません(^^;)

私が一番気にしていた事は、思春期という事と、学校での人間関係等々・・・・
ホントに今時の中学生は、私たちの時代と違い、人間関係複雑~!いじめなど、質が違うんです!

娘は、今までいろんな事が(天使の事も含め)あり、我慢もしてきたのかなぁ~と・・・
でも、娘はそれを自分なりに受け止め、成長してきたんだろうと。
天使の事は、どうにもならない事!それをどう私たちがフォローしてあげるか・・・
私は、天使がいる事で可哀そうとは思いません!
だって、プラスになる事の方がいっぱいだと思います。
確かに、可哀そうと思われる事もあるかもしれません。
そう思うと、天使を否定してしまう!
それより、娘には今の現実をしっかり受け止め、成長してほしいから!

交換日記の題名?
「〇〇と お母さんの何でも交換日記!」
日記のはじめと終わりに、以前紹介した親友Mのちぎり絵のポスター「 ことば 」と「 願い 」を貼り付けています(^^)
勿論、娘の笑顔の写真も

内容は、ホントに何でも書いています!
学校の事、連絡事項(^^;)今日の出来事、感想、ホント色々です!
また、娘は、日記を書く事で気持ちに整理が出来、ストレス解消にもなっているようです

私が気をつけている事は、この日記だけには、娘を責める内容は書かない!事です。それを書いてしまうと、娘が、本音で書けなくなってしまうからです。
もう一つは、娘の気持ちを尊重する事。決してこちらの気持ちを押し付けない事です。
その他は、私が間違った事をしていたら、素直に「ごめんね!」と書くことです。

口では「こうしてよ~」とか言ってますけどね(^^;)

娘との日記、楽しいです。
自分が学生になった気分
親子関係と言うより、友達気分です(^^)

交換日記を始めて、娘の事がよく見れるようになり、また、娘も、自分を見てくれていると感じてくれているのかなぁ~!

今までよりも娘の事が愛おしく思えるようになりましたよ(^^;)親バカですが・・・(笑)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

子供の意識

先日の土日、娘のバドミントンの県大会で応援に行って来ました!
さすがに、2日間、学校を朝6時集合はこの私には大変です

1日目は団体戦!ストレート負け!
2日目、個人戦のダブルス!
相手は、優勝候補(^^;)
娘には、「負けるかもしれない!(おそらくボロ負けです)でも、最後まで諦めずに、シャトルを追いかけ、足を常に動かして、相手を揺さぶりなさい!そして、お互いペア同士声を出し合い、仲間がミスしても、“ドンマイドンマイ!”と声をかけ、焦らずに1球1球を丁寧にね!」  と声をかけました。

しかし、娘たちペア、緊張して足が動きません!場の雰囲気もありますよね!
3セットマッチのストレート負け
仕方が無いかな・・・

でも、小学校の時と比べると、県大会で1,2点とればいい方でした。今回は優勝候補の中学3年生相手に
(娘中1)
21対16とか、16点も取れた事に私としては、頑張ってる姿を見たようで・・・(^^)
それに揺さぶりをかける事が出来ていました。フェイントをかけたりスマッシュを打ったり、ラインぎりぎりを狙ったり・・・・
娘も、頑張ってるんだなぁ~と少しパワ~を貰えました。

でも、娘にとっては負けは負け!

娘たちは、学校のバスで帰って来ました。

学校まで迎えに行き、娘達3人を乗せ、帰宅中、3人が何やら怒っています。

私・・・・・・「どうしたの?」
娘たち・・・「先生が、“バスの中でとてもうるさかった!とくに1年生の女子!君たちは、負けたのに意識が足りない!”と言った。でも私たちはそんなにうるさくしてない。少しはお喋りはしてたけど、男子の方がうるさかった!先生はいつも負けたら八つ当たりする!」  
  
   と、文句!
私・・・・・・・黙って聞いてました。
娘たち・・・・「もうバドミントンやめる!」
       一人の子が言いだしました。
私・・・・・・・「先生にそうな事言われて悔しいのなら、練習頑張って、試合で結果を出したら!
そして先生に、“これでどうだ!!”て。
先生にそんな事言われないように頑張らなきゃ!」
娘たち・・・無言!

家で娘に 「確かにあなた達の気持ちは分かるよ!先生も言い方、悪いとこあると思う!でも、先生の立場から考えて、全員ストレート負け!1回戦敗退、悔しいんだよ!先生は親と一緒で、自分が負けるより悔しいんじゃないの?先生にそんな事言われて、悔しいんでしょ!どうして直ぐに諦めるの?
そんな事言われたぐらいで、やめる!なんて自分に負けているんだよ。先生に言われた事を逆に、自分の為に言ってくれてるんだ!よ~し、見てて!!!という気持ち、プラスに考えないと!
何でも嫌な事言われたから嫌だ!それじゃ~、逃げてるじゃない!逃げてどうするの!
それを乗り越えないと、これから先あなたは、いろんな大きな壁にぶちあたるんだよ!自分にもっと強くなりなさい(^^)
苦しい時は、我慢せずにお父さん、お母さんに言って来なさい!いつでもあなたの味方!どんな事あっても、助けてあげるから!
あなたは、いろんな事頑張ってるのはお母さん、知ってるよ(^^)
今日のバドの試合だって、優勝候補の3年生に、16点も取れたじゃない(^^)ラインぎりぎりを狙えてるし!後、あなたに足りないところは、自分の苦手なところに気付き、それを頑張って練習して乗り越えていく事!ローテションを完璧にする!とか一つずつ目標を持ち、それに向かって頑張っていく事!
あなたなら出来るから!
勉強も頑張っているものね(^^)
一緒に頑張ろうね!」

娘は、黙って真剣に聞いてくれました(^^)

子供には、何にでもすぐに諦めて欲しくない!まだまだ、あの年で難しいと思うけど、前向きに考える事を色々な経験をして覚えていくのでしょうね!

応援してるよ!お姉ちゃん達(^^)!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

大好きな娘へ!

娘は今、期末考査の真っ最中
でも、自宅学習も普段と変わらない様子!
いつ、期末テストの勉強するんだろう?と思うぐらいの~んびりしています。

昨日から始まった期末考査!
娘は、自分の目標達成の為、受験勉強を頑張りました。
娘の目標というのは、大きな、大きな、夢かもしれません、はるか遠く届かない夢かもしれません!福祉関係の仕事か、小児科医になりたいという夢をもっています!そんな無理だよ~!と笑われるかもしれません!ホントに、無理かもしれません!
でも、娘は、自分のお姉ちゃんでもある、生まれてすぐに亡くなったあやちゃん、そして天使!
もっと医療が充実していたら・・・・そして、天使みたいな障がいのある子の手助けができたら・・・
そんな家族の思いを知ってか、大きな大きな目標に向かっていました。

しかし、今の娘を見ていると、目標を見失いかけています
そういう時期なのかもしれません。
仕方が無いのかな~と思ってしまうことも・・・

正直な気持ち、確かに番数が上がって欲しいその気持ちはあります!
今、この子に何が必要なのか!? ・・・・?  
番数は下がってもいい!
あなたにとって、とてつもない大きな目標かもしれない。叶わないかもしれない。
でもね~、努力する事をに気付いて欲しい!
人生、“ 山あり谷あり! ”です。山も谷も経験してほしい!
そして、また、自分の正しいと思う道に、戻って来て欲しい!
まだ、12歳という年齢でそれを考えるのは、難しい事とは分かっています!

でもね~、娘よ!あなたが決めた事なら、お父さん、お母さんは、全力で応援するよ!
いつも、お姉ちゃんとして、頑張っているのも分かっているよ。
天使が、障がいと分かっていっぱい嫌な思いもしたよね~!辛かったよね~!
あの時あなたは、小学1,2年生。小さな胸が張り裂けそうだったと思う。 よく頑張ったよ~。
いっぱい我慢もしてきたよね~!いっぱい甘えたかったよね!

ゴメンネ!という気持ちでいっぱい!

これでも、あなたの事、いっぱい見て来たつもり・・・
お姉ちゃんだから恥かしがらずに、いっぱい甘えてきてよ~!
いつでも待っているから・・・
そして、自分の人生、悔いのないように生きてほしい!
そして、自分を大事にしてほしい!
あなたは、お父さん、お母さんの大事な大事な宝ものだから・・・

大好きな、娘へ           お母さんより





テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

宝物

私の宝物を紹介します。勿論、1番は子供達
それは、昨年お姉ちゃんが書いた作文です。


                           『心の天使』

私の弟は5才です。しかし、あまり話す事が出来ません。それは、生後一カ月頃、細気管支炎になり、人工呼吸器をつけ、生死をさ迷いました。それが理由か分かりませんが、家族みんな、少しでも早く弟が言葉を沢山話す事が出来るようにと願っています。
しかし、あまり話せない事を、
『おかしいんじゃない、変』
などと、偏見の目で見る人がいます。 『差別』です。周りの人と少し違うだけです。
『障がいとは、何なのでしょうか?』
目が不自由だったり、耳が不自由だったりする人も、自分の目標に向かって頑張っています。
そんな方と話をしていると私の方が、勇気や元気を貰います。 だから、障がいがあるのではなく、個性です。
弟の良い所は沢山あります。 
一つは、笑顔です。私は、弟の笑顔を見ると、疲れも吹っ飛んで笑顔になれます。
家族の誰かが、泣いていると、
『どうしたの?大丈夫?』
と、はっきりしない発音ですが、人一倍心から心配してくれます。
また、すごく素直です。裏表が全くありません。自分が思っていることは、素直に言います。
悲しい時は泣き、うれしい時は、心から笑い、悔しい時には怒り、とても純粋な弟です。
そんな弟が大好きです。心からいやされます。
わたしは、弟がほとんどしゃべれなかった時、
『弟の声が聞きたい!』
そう思うようになりました。そのために、弟に沢山話しかけたり、読み聞かせをしたり、沢山の経験を一緒にしました。また、弟に分かりやすいように、ゆっくり話しかけたり、弟に楽しい雰囲気を作ったりしました。
その気持ちが通じたのか、少しずつ、話をするようになりました。
初めの言葉は、
『ママ、パパ』
でした。私はいつか、
『お姉ちゃん』
と、呼んでもらうことが夢になりました。何ヶ月か経ち、初めて
『お姉ちゃん』
と、呼んでくれました。私は涙がこぼれ、思わず弟を抱きしめ、
『ありがとう!もう一回言って!』
と、言いました。今では、『自分もしたい!』と、言って料理を手伝ってくれたり、『お姉ちゃん、これ開けて』と、お願いしに来たりします。
弟は、当たり前に出来ることを、何とも思っていなかった私や家族に、とても素晴らしい事だと、気づかせてくれました。話せることも当たり前でなく、素晴らしい事なのです。
弟が今まで出来なかった事が、出来るようになった時は、すごく感動します。
この感動は、他人には味わえないぐらいの喜びです。この喜びを家族みんなで分かち合い、それを幸せと感じます。幸せとは、待つものではなく、見つけ出すものです。
この世界に、偏見や差別は、決してあってはならないものだと思います。
この全てを気づかせてくれた弟は、まさに世界一の
『心の天使』
と言えるでしょう。わたしの『誇り』です!
『私の弟として、生まれて来てくれて、本当にありがとう!』

県の人権に関する作品コンクールで、優秀賞を受賞しました

プロフィール

jun mama

Author:jun mama
junmamaのブログへようこそ!

家族の紹介
パパ・・・頼りになる大黒柱

ママ・・・専業主婦

長女・・・高2女子 青春真っ盛り~~❣
 
バドミントンに夢中!

長男・・・中1 
     ユニークで
   優しいお兄ちゃん
   
  バドミントン初心者から脱出したい(^^;)

天使・・・支援級の5年生 
 発達障がいがあり、
 言葉の遅れを伴う
(場面緘黙)
 我が家の癒し系!
 最近、生意気な言葉も!
 頑張っている次男坊(^^)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Web page translation

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。